モテてたのにモテなくなった…考えられる5つのわけ

モテてたのにモテなくなった…考えられる5つのわけよく、人にはモテ期というものがあるといわれます。人生においてのモテ期は人それぞれであり、学生時代にピークを終える人もいれば、社会人になって以降の遅めのモテ期を迎える人もいます。

モテ期だけでなく、平均的にモテてきた人に多いのは、最近のモテ具合が気になることです。モテてたのにモテなくなったなと感じたことはありませんか?その理由、ご紹介いたします。



 

モテてたのにモテなくなった…考えられる5つのわけ

 

その1 自分のことを知られてしまった

モテてたのにモテなくなった人に多いのは、周りにあなたのことを十分知れ渡ったからという理由の場合があります。

はじめこそ、その容姿で注目を集めたり、性格のよさで話題になったり、なにかとモテることが多かったとしても、ブームが終わるのと同じで、あなたのモテ期も終わりがあるのです。話題になったことから、私生活や好みのものまで知るに知られてしまい、知りたいことがなくなったとき、モテなくなります。そのとき残るのは、本当にあなたのことが興味のある人だけです。

モテていたことは、その新鮮さからゆえだった場合はモテなくなった場合、また新しい話題をもっていることが大切です。モテ具合におごることなく謙虚にいきましょう。

 

 その2 大人になりきれていない

 昔はめちゃくちゃモテたんだ…という人に出会うことがあります。当時のモテ度を武勇伝のように語ったりし、その頃がまるで今でも健在かのようなエピソードを話したがります。

しかし、それはその当時にその人がフィーチャーしただけであり、時間は流れていることに気づけていない場合、その人は取り残されることになります。なので、いつまでもそのモテている自分でいるため、成長できないのていないのです。話を聞いていると、もう大人なのにまだそんなことをしているの?というような話しが出てきたりすると、場合によっては対象外として接するようになります。

やはり、いつでもモテる人になるためには、いつでも自分を成長させるために挑戦しつづけること。また、他人の鏡で自分をみないことが大切なのです。

 

 その3 中身がともなっていない

 モテていた頃は、ありのままでも好かれていたかもしれません。場を盛り上げたり、勢いで行動してみたり、それが許される時代もあります。モテているとその時間が心地よく、いつまでもそこにいたいと思うことでしょう。

しかし、その状態が3年後、5年後となったときどうでしょうか。一緒に歩いていて恥ずかしくないでしょうか。誰かに紹介するときにきちんと礼儀もそなわっているのでしょうか。自分だけではなく、周りも大人になっていきます。それぞれが経験したことが、人間性を高めたりもしてくれます。しかし、いつまでも当時のままの人は、中身の成長が見られないため、周りとのズレが生じると、相手にされなくなってしまうのです。

モテてたのにモテなくなった場合、自分は周りと比べて、どんな人間か見つめ直してみましょう。

その4 他にライバルが存在している

 フレッシュなとき、人はたいへんモテることがあります。それだけでも価値があるのです。しかし時間が経つと、次のフレッシュが現れます。私たちは新しいもの好きな傾向もありますので、どうしてもそのブームは新しいものに移行してしまうのです。そういうとき、モテなくなったりすることがあります。

モテてたのにモテなくなったと感じる人は、他にライバルがいないかどうか考えてみて下さい。もしかしたら、自分以上に周りを魅了している人物がいるのかもしれません。そして人はそちらに心が動いているのかもしれません。

人気を相手に譲るのか、それとも取り戻すのか…。人はこの時成長できるのかもしれません。

 

 その5 年齢を重ねている

 最後は時間の流れから、モテなくなった場合です。

人は年を取ります。年齢を重ねてもきれいな人、またかっこいい人もいますが、本当に若い人と比べるとやはり大人になっていくものです。もし、あなたがモテていた理由が若かったからということになれば、年齢を重ねればそれはモテなくなることでしょう。自分がモテていたのは自分という人間ではなくて、年齢が若かったから…ということに気づくかもしれません。

人はなにもせずに若いままではいられないのです。しかし、年齢を重ねてもその魅力が変わらないものもあります。それがその人の人間性です。年齢を重ねることに視野が広がったり、知恵や知識がつくことで、個人のスキルがあがります。これは魅力になるのです。

モテたいと思うのなら、やはり周りが興味をもってくれる人でいることが大切なのです。

 

いかがでしたか?

モテてたのにモテなくなった理由、思いつきましたか?

モテるために若作りをすることよりも、自分磨きをすることのほうがモテる場合もあるのです。年齢は重ねているのに、あの人は輝いている…。そう思う人には興味がわいてきませんか?そして中身も深さがあるとわかれば、もっと話をしてみたいとも思いますよね。

そのときの自分にあった魅力で、モテていたいものですよね。

 

 まとめ

モテてたのにモテなくなった…考えられる5つのわけ

その1 自分のことを知られてしまった
その2 大人になりきれていない
その3 中身がともなっていない
その4 他にライバルが存在している
その5 年齢を重ねている

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラカラー、誕生日や血液型を元に導き出される『スピリチュアルオーラ診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は、是非やってみてください!