食べ過ぎていませんか?体内老化回避するための4つのポイント

食べ過ぎていませんか?体内老化回避するための4つのポイント

最近では、便利な時代となってコンビニを活用している人も多くなっています。お腹が空くとすぐにコンビニ商品を買って食べるという人も多く、その結果、体の老化を進行されているって知っていますか?

そこで今回は、体内老化を防ぐためにコンビニ商品4つを回避するコツを紹介しますね!



 

食べ過ぎていませんか?
体内老化回避するための4つのポイント

 

1  ケーキなどのスイーツ類

 スイーツの中でも注意が必要な物は、ゼリーとケーキです。コンビニで販売されているケーキやゼリーには沢山の添加物が配合されています。とろみの食感を出すために「増粘多糖類」に特に注意が必要です。安全性の高い物も多いのですが、「カラギナン」「トラガントガム」は発がん性がん促進物質の疑いがあり、「ファーセレラン」は催奇形性の疑いがあり、あまり摂取しないように心がける必要があります。

しかし、二品目以上の増粘多糖類が使用されている場合には、「増粘多糖類」だけの表示で何が使用されているのか分からないことが多く、頻度にコンビニのスイーツを食べるのは控えるようにすることを心がけてくださいね!

 

2  カットサラダ・フルーツ

 野菜やフルーツは問題ないと思っている人も多いはず?しかしカットされている野菜やフルーツは注意が必要です。実際に野菜やフルーツをカットすると切り口から変色してしまいます。

その変色を防ぐために、「次亜塩素酸ナトリウム」を使用して漂泊消毒をしているのです。家に持ち帰って洗い流して食べるのは問題ありませんが、そのまま摂取するのは良い影響を与えるものではないので避けるようにしましょう。

3  サンドイッチ

 手軽に食べることができるので、多くの女性に人気のサンドイッチ。コンビニのサンドイッチは、食品添加物が多く使われています。その中で危険なものは「亜硝酸ナトリウム」です。亜硝酸ナトリウムはアメリカでベビー食品への使用が禁止されている食品添加物なのです。

ハムやベーコンの変色を防ぐための役割を持っているのですが、体内に取り入れることにより、胃の中で魚や肉に含まれているアミンと結合することにより、発がん性物質である「ニトロソアミン」に変化してしまうのです。サンドイッチも食べ過ぎには注意が必要です。

 

4  おにぎり

 コンビニのおにぎりは、お米の保温・保存のために油が混ざっていて、製造機械にご飯が付着するのを防ぐ役割も持っています。また、販売されているおにぎりの中でも避けた方が良いと言われているのが「たらこ」です。たらこにも危険物質とされている「亜硝酸ナトリウム」が色をよくするために使用されています。購入する際には、たらこ以外の物を選んでくださいね!

 

手軽に利用することができますが、何よりも健康を維持するために、体を守るためには、面倒でも自分で作ったものが、安心できるし、美味しく食べることができます。少しずつ自炊を行っていくように心がけてくださいね!

 

まとめ

食べ過ぎていませんか?
体内老化回避するための4つのポイント

1 ケーキなどのスイーツ類
2 カットサラダ・フルーツ
3 サンドイッチ
4 おにぎり



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの“運命の数字”を元に導き出される『運命数診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!