女性から食事に誘うときに気をつけたい5つのポイント

restaurant-tableひと昔前は、若いカップルの食事デートといえば、お洒落なレストランが定番でしたが、最近は「男性に望む趣味」の上位に料理が入ったり、女性がひとりで立ち食い蕎麦屋や牛丼チェーン店に入ったりすることも珍しくなくなり、外食における男女の境界線が薄れてきています。それは男女平等が浸透してきたと解釈することもできるかもしれませんが、それ以上に性別よりも個人の好みが優先される傾向が強まってきたように見えます。そんな中で、女性から男性を食事に誘うときは、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか。今回はそのための5つの方法を伝授いたしましょう。



 

女性から食事に誘うときに気をつけたい5つのポイント

 

その1 初デートなら、食べやすさを優先させる

女性から男性を食事に誘う時にまず気をつけたいことは、食べやすい料理を出すお店をチョイスすることです。

多くの男性にとって、初めての食事デートのときに、どこで何を食べたかくらいは覚えていても、出された料理がどんな味だったかは、ほとんど覚えていないものです。要は、そのくらい緊張していたということです。

そして、いつもは女性の倍以上のペースでモリモリと食べる男性が、デートのときは、ちゃんと会話することに気をとられてしまい、食べながら話すという普段通りのことすらできず、女性のほうが先に食べ終えてしまうというケースも少なくありません。

さらに、出されたメニューが、骨付き肉などといった、少し食べにくかったり、ソースがはねやすいものだったりすると、まともに手も付けずに、女性の反応を気にしつつ、しゃべることだけに夢中になったりもします。

そういう繊細な男性諸君のことを思ってあげて、初デートでの食事は、雰囲気がありつつも、手軽に口に運びやすいメニューのお店を選んであげてください。

 

その2 苦手な食べ物を率直に聞いておく

女性から男性を食事に誘う時に次に気をつけることは、相手の苦手な料理を避けることです。

男女に限らず、若いうちは特に偏食気味の人が多いものです。けれども、毎日インスタント食品やジャンクフードで済ませていると正直にいうのは恥ずかしいために、好きな人の前では「何でも美味しくいただいています」などと体裁よく答える人たちもいます。

そうはいっても、せっかくそれなりの場所での食事に誘ったにもかかわらず、オーダーしたものが彼の苦手な食材だったりしたら、本当に残念なことです。ですから、彼を食事に誘う前に、単に食べ物の好き嫌いの確認だけでなく、もう少し細かく、「どちらかというと苦手なもの」「昔から好物なもの」さらに「なにか良いことがあったときに、自分へのご褒美として食べているもの」など、できるだけ具体的に聞き出しておきましょう。

高級な伊勢海老や蟹料理でも、気持ち悪くて食べられないという男性もいるものです。それにアレルギーがある場合もあるので、十分気をつけてお店をチョイスしましょう。

 

その3 禁煙と分煙の状況を事前に確認する

女性から男性を食事に誘う時に気をつけたいことに、相手が煙草を吸うか吸わないかを考慮しましょう。

食事の席では、タバコを吸う人が少なくありませんが、もし彼が喫煙者ではない場合は、もし可能ならば、分煙のレストランよりも、全席禁煙のところを選ぶことをお勧めします。

ファミリーレストランのように、ある程度の広さがある場所は別として、比較的狭い空間のレストランでは、喫煙席の上に換気扇が備えているだけで、煙が禁煙席まで流れてくることもあり、そうではなくとも、煙を見ただけで嫌な気持ちになってしまう人もいるからです。中には、自分はタバコを吸わないけれど、隣で吸っていてもあまり気にしないという寛容な人もいますが、通常は非喫煙者は嫌煙家であると考えて間違いないでしょう。

ただ、分煙であっても、とてもお勧めのお店があって、ぜひそこに案内したいときは、前もって、タバコの煙が流れてこないかどうかを確認した上で、予約を入れておくとよいでしょう。

その4 テイクアウトのメリットを利用する

女性から男性を食事に誘う時にひと工夫したい時はテイクアウトも選択肢に加えてもいいでしょう。

テイクアウトできるお店に食事に誘うのは、ちょっと常識的な路線から外れてしまうように思われがちですが、多少かしこまったお店の中での食事は、社交やビジネスでもよくあるように、どこかリラックスできないこともあります。

それに比べて、テイクアウトして、屋外テーブルで綺麗な夜景などを見渡して気楽に食事するのも、逆にフレンドリーな会話が弾むシチュエーションを演出してくれるものです。そして、比較的自由な状況を利用して、あなたが手作りした一品を彼に賞味してもらうようにすると、喜ばれると同時に、お金では買えない心遣いを感じて、あなたへの親しみの情が増すというプラスアルファの効果が望めます。

屋外という設定では、予約時には予期しにくい当日のお天気などが気になるところですが、事前に予報をチェックするなりして、素敵な食事デートの場所を選定しておいてはいかがでしょうか。

 

その5 お会計の際は柔軟に

女性から男性を食事に誘う時に気を付けるのは、食事代をどちらが支払うかです。

自分のほうから食事に誘ったので、もちろん会計も自分が二人分を支払うというのがマナーだとあなたは考えているかと思いますが、多くの男性にとっては、女性にお金を払わせるのは男として格好が悪いと感じられるものです。中には「私は今まで一度たりとも女性に財布を出させたことはない」と自慢している紳士もいるくらいです。

もしあなたの彼がそういうポリシーやプライドを持っている人であったら、あなたは彼に〝黒歴史〟をつけようとしていることになってしまいます。ですので、気を遣って事前に会計を済ませておくようなことは避けたほうが良いでしょう。

会計の際には、「今日はお誘いした私がご馳走させていただきます」と、にこやかに言って、彼が「いえいえ、払わせてください」と主張した際にはまず、「ではいつかどこか面白いところがあったら連れていってください」などとユーモラスにお願いしてみましょう。

けれども、先にも述べましたように、彼がそれでも強く支払いを申し出てきた場合は、その厚意を受け入れるようにしたほうが無難でしょう。せっかくの食事デートの最後の場面がぎこちなくならないように、終始おだやかな対応を心がけてください。

 

 

まとめ

女性から食事に誘うときに気をつけたい5つのポイント

その1 初デートなら、食べやすさを優先させる
その2 苦手な食べ物を率直に聞いておく
その3 禁煙と分煙の状況を事前に確認する
その4 テイクアウトのメリットを利用する
その5 お会計の際は柔軟に

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!