男性が職場で好きな人にとる5つの態度

officeman

社会人にとって、一日の大半を過ごす職場。そこで芽生える恋もたくさんあります。もちろん、恋をする場所ではありませんが、もし好きな人が出来てしまったとき、男性は職場でどんな態度をとるのか気になりませんか?

今回は男性が職場で好きな人にとる態度についてご紹介いたします。



 

男性が職場で好きな人にとる5つの態度

 

 その1 好きな人の仕事ぶりを認めがち

男性は職場で好きな人に対してはどうしても甘くなりがちです。よほどのサディストでない限り、「アイツはよくやっている」と認めがちです。しかしそれを周りにはあまり大きな声ではいいません。なぜなら、誰かにその人のことが好きなのではないかと思われると困るからです。好きなのだけど、その気持ちを隠すのが男性です。とくに職場ではなおさらのことです。

なので、本人にだけ、「よくやった」とか、「頑張ってる」と誉めたくなるのです。何かのときに自分の味方になってくれたりします。男性は職場ではそういう態度をみせがちです。

他の人の前ではさらりとしてても、あたなに優しい声をかけてくれたり、応援してくれる男性はあたなに好意があります。

 

その2 よく話かけられる

職場で男性が好きな人にとる態度の中に、好きな人によく話しかけるという行動があります。それは好きな人と何か関わりを持ちたいという気持ちがあるため、職場ではそのきっかけもたくさんあるからこそ話しかけやすくもあります。

プロジェクトの話であったり、連絡事項についてだったり、また同期のうわさ話だったり、話題はいくらでもあります。好きという気持ちを隠しながらも、それを同僚として接することができるので、何かあると話しかけられるとしたら、それは好意の表れかもしれません

あなたもその男性のことが好きであれば、たまにあたなの方から話しかけてあげると彼も喜ぶでしょう。だた、その1でも挙げたように、男性は職場では他人に自分の気持ちを知られることに警戒しています。周りの様子や彼の仕事の状況を見ながら、彼が話しやすいタイミングを見計らいましょう。

 

 その3 情報を共有したがる

次に、よく話しかけられるのと同じように、職場での情報を好きな人と共有したがるというのも、好きな人にとる態度のひとつです。普段の話ではなく、もっと込み入った職場での話題や、今後の会社の方針など色々な職場にまつわる情報、また誰でも知ることではない話をしてくれるとしたら、好意を持たれているため、つい口が軽くなっているのかもしれません。

それだけでなく、好きな人のことを知っておきたいという気持ちからも、情報を共有したいという気持ちも動きます。好きな人が今どんな仕事をしているのか、また好きな人が関わっている仕事の相手はどんな人なのか、そういう探りを含めても話をしたいと思っているということもあるのです。

たくさんの仕事仲間がいると、その区別がつきにくくもありますが、覚えておきたい男性の態度です。あなたが彼ともっと親密になりたい場合、「この前教えていただいたプロジェクト、その後、どのような状況ですか?」「最近、◯◯の件で困っているんです」など話しかけることにより、仕事を通じてお互いを知り、仲良くなれるチャンスを広げられます。ただし、あくまで仕事ですので、守秘義務はしっかり守り、共有してもらった情報を他に絶対に漏らすことのないようにしましょう。

 

 その4 相談に乗りたがる

男性は好きな人からの相談は歓迎して役にたとうと張り切るものです。自分を頼ってくれたことに、どこか格好つけたく思ったり、出来る男だと見せたい気持ちもあるのです。もし、自分から相談を持ちかけていないけれど、自分が困っていることを察して手を貸してくれるような男性がいたら、それは好意をもたれているからこそかもしれません。

いくら仕事が大変だからといって、女性なら誰でも手を貸すという男性はあまりいません。好きな人だからこそ、どんな仕事をしていて、今何に困っててということを見て知っているから見せられる態度でもあります。その上で、自ら相談にのることで、あなたの役にたつ男になりたいとい欲求を満たそうとするのです。

面倒見のよい男性でない人があなたを助けてくれるようであれば、もしかしたらそこには好きという気持ちがあるのかもしれません。こういう男性には一度仕事の相談をしてみてもいいでしょう。気をつけなくてはならないことは、あまり大きな仕事の悩みを相談しないことです。彼が回答に窮する内容や、社内の人間関係の悩みなどは、深く付き合う前に相談するのはやめておいた方がいいでしょう。彼があなたのことを重く感じてしまうからです。あくまで相談することは軽い内容で、交際を深めるきっかけだと割り切りましょう。

 

 その5 2人きりを狙って現れる

男性はプライドの生き物であるので、好きな人に好きだという気持ちをあからさまにバレることを避けようとします。肉食系のようにガツガツとしている人というのは、職場という場所では控えるのがマナーです。また、そうでない男の人は、好きな人と話しているところを見られたりして、変なうわさをもたれるのが恥ずかしいとどこかで思ってしまうものです。

でも好きな人とは親しくしたい。そういうときは、好きな人はひとりの時をねらって現れたりするものです。好きな人と2人きりのときなら、自分も出しやすく、また話しやすいものです。何かの口実さえあれば、本当はあなたと話がしたいためにやってきたとしても、仕事の引き継ぎや、質問ということでカモフラージュもできるのでわかりにくくなります。男性は好きな人と話したいときは大勢の時よりも、ひとりの時を狙うものだと知っておきましょう。

あなたも彼のことが好きであれば、彼の仕事のパターンをチェックしましょう。例えば、彼が残業する日が決まっていれば、そのタイミングであなたも残業を入れたり、休憩時間を合わせてみたりと、彼にあなたに近づくチャンスを与えてみましょう。

 

いかがでしたか?

男性は職場ではなかなか好きな人に対して積極的になれないものです。仕事をしているとき、男性は仕事モード。上司や先輩の目を盗んで、好きな人を追いかけることはなかなかできません。それでも、職場で好きな人見かけたり、余裕のあるときはその気持ちを表現してくれたりするものです。

どんなきっかけがあるかわかりません。職場でのチャンスを見逃さないよう、いつでも明るく笑顔でいたいものです。

 

まとめ

男性が職場で好きな人にとる5つの態度

その1 好きな人の仕事ぶりを認めがち
その2 よく話かけられる
その3 情報を共有したがる
その4 相談に乗りたがる
その5 2人きりを狙って現れる



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!