男心をくすぐるのが上手な色気のある女性の条件5つ

smiling-woman

出会った大半の男性から好意を持たれる女性、しかも異性としての魅力で相手を惹きつけてしまうタイプの人がときどきいるものです。そういう人は、他の女性たちから見ると、「男に気に入られるような振る舞いをしているんだろうな」と、多少のジェラシーを伴った勘ぐりをされてしまいがちですが、本人のことを悪くいう男性が誰もいないときは、単なる小手先のテクニックや色仕掛けを用いただけとはいえない、一種の特別な何かがそこにあるはずです。

もちろん、類まれな美貌や、セクシーなスタイルの持ち主なら、特別に何もしなくても、多くの男性を虜にしてしまえるでしょうが、パッと見た感じではごく普通の女性である場合、そこに何があるのか、もし真似できることがあれば、誰でも彼女のようになれる可能性があるのか、気になるところです。そこで今回は、男心をくすぐるのが上手な色気のある女性の条件を5つお教えすることにしましょう。



 

男心をくすぐるのが上手な色気のある女性の条件5つ

 

その1 男心をよく知っている

よく言われるように、たしかに男というものは単純で分かりやすい生き物といえます。つまり、見た目が美人で可愛らしければ、「ルックスの良さは正義だ」とでもいわんばかりに、すぐに相手をチヤホヤする傾向があります。ただ、男心とはそれだけではありません。

基本はシンプルであることに変わりはないのですが、自分を男として認めてくれる女性、つまり良いところをしっかりと見出して、ほめてくれる女性を男性は求めているのです。でも、単なる褒め上手の女性ならいくらでもいます。そこにうまく自分の女の部分を絡めてこられると、男性はメロメロになってしまうのです。それらの部分を、順を追ってさらに詳しく説明してまいりましょう。

 

その2 錯覚を利用する

浮気症の男は、やたらと歯の浮いたような言葉で女性に気に入られようとしますが、よほど普段からほとんど異性に相手にされていない淋しい女性でない限りは、「どうせいろんな女に同じことを言っているんだわ」と、軽い男の本性を見抜いてしまうものです。男性の場合も、いかにも軽そうな女の子に甘い言葉を掛けられても、よほどモテない男でない限りは、本気にはしないものです。

けれども、男心を心得た女性は、素直そうな表情で相手の目をきちんと見て、本当にその人だけを男性として尊敬して、その長所に魅力を感じているように錯覚させるような話し方をします。それは口先の上手さではなく、いわば女優のように、自分でもその瞬間だけはそう思っているような、一種の憑依のような演技をしてみせているのです。「女は生まれながらに女優」ともいわれるように、このような演技は、本当は女性なら誰でも内に宿している能力でもあるのです。

 

その3 絶妙なボディタッチをする

男性にやたらとボディタッチをする女性がいるものですが、それは相手の気をひくために意図的にしている人もいれば、いわゆる〝おばちゃん〟の仕草のように、男女に関係なく、相手の体を軽くたたきながら話す癖のある若い女性もいます。しかし、男心を知る女性は、絶妙のタイミングでしかボディタッチをしません。

それは相手の言葉に相槌を打つようなものではなく、男性が彼女からの褒め言葉に最も気持ちが良くなった瞬間に、「応援してます、がんばってくださいね」という言葉と共に、男性の手にさりげなく自分の手を重ねて、相手をドキリとさせるのです。そして同時に、あたかも無意識でそうしたかのように、自分の顔を相手の顔に近づけます。そういう波状攻撃は、男性の腿に手を置くような少し露骨なボディタッチよりも、さりげないかたちで女の色気を相手に深く感じさせることができるのです。

その4 押した後にはすぐに引く

最近は、相撲好きの女子も増えているそうですが、よく相撲の決まり手で、真正面から相手を受け止めずに、後ろへ下がってかわしながら、相手を前のめりに突っ込ませて、土俵に手をつかせる「引き落とし」という技があります。これは、力相撲を期待していた観客の目には拍子抜けして見えて、ブーイングが起きたりするものですが、実際には、事前に相手にプレッシャーを与えて、その反動で相手が突っ込んでくるのを利用して手をつかせていることが多いのです。

つまり、緩急を織り交ぜて、駆け引きをした結果の勝利なのです。男心を心得た女性も、このような力の入れ時と、抜き時を巧みに使い分けています。ボディタッチをして顔を近づけた後は、あたかも我に返って恥らうかのように、サッと身をひいて、照れた様子を見せることで、男性は益々その可愛らしさと色気に心を奪われて、土俵に手を着く力士のように、相手の手の中で転がされてしまうわけです。

 

その5 好意を直接は伝えない

男心をくすぐる術を心得た小悪魔女性は、「あなたが好きです」とか「めっちゃ私のタイプです」などと、自分の好意をダイレクトに伝えたりはせず、また、「彼女とかいるんですか?」といった探りを入れたりすることもありません。その代わりに、「○○さんの彼女になる人は、きっとしあわせでしょうね」「○○さんのことが好きな女性って、口に出さないだけで、たくさんいるはずですよ」などと、あたかも客観的な見方をしているかのように、自分を出さずに相手を異性として褒めるのです。

そして、下手な女性がするような、遠まわしに褒めておいて、相手の反応を待つという間(ま)を置かずに、褒めた後はさりげなくすぐに話題を変えて、また楽しい会話を続けようとします。答えるタイミングを逃した男性は、なんとか彼女への好意を伝えようと、褒め言葉を返しますが、相手は「いえいえ~」と軽く受け流してしまいます。そうやって、じらしながら、あたかも蛇に捕らえられた獲物がだんだんと締め付けられながら窒息していくように、ゆっくりとくすぐられた彼の男心は、やがて彼女の色気に心をすっかりと奪われてしまうのです。

 

 

まとめ

男心をくすぐるのが上手な色気のある女性の条件5つ

その1 男心をよく知っている
その2 錯覚を利用する
その3 絶妙なボディタッチをする
その4 押した後にはすぐに引く
その5 好意を直接は伝えない

2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

『星をよむ』で、2018年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!