倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなれる方法5つ

倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなれる方法5つ初めて出会ったときの新鮮なドキドキ感が、いつのまにか薄れてきてしまって、どこか惰性で付き合っている状態になってしまうカップルも少なくありません。それとは対照的に、まるで幼なじみのように、お互いのことを深く分かり合って、周囲がうらやむような、ずっと仲良しの関係でいるカップルもいます。

出会いのタイミングは似たようなものであったはずなのに、この両者の差はどうしてこれほど大きく開いてしまったのでしょうか。今回は、倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなれる5つの方法をあなたにお教えしましょう。



 

倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなれる方法5つ

 

その1 相手への敬意と距離感を保つ

いつまでも仲良しでいるカップルを観察していると、意外なことに気づくはずです。それは、表面的には、互いを下の名前やニックネームで呼び合って、ときには乱暴な言葉も使ったりしていても、よく観察していると、決して相手を見下したりせず、相手のプライバシーに土足であがりこむようなことを言ったりせず、自分の恋人として所有物のように扱ったりせず、ひとりの人間として尊重していることが、言葉ではなく、態度から伝わってくるはずです。

表面的な馴れ馴れしさの奥には、きちんとした礼儀をわきまえた距離感と、敬意が保たれているのです。なぜなら、恋愛は、相手を異性として尊敬し合わなければ、成り立つものではないからなのです。そういうことを忘れがちになっていたとしたら、今からでも遅くはありません。初心に戻って、彼を男性として尊敬する気持ちや、人間として信頼している気持ちを思い出しましょう。

 

その2 記念日にお祝い事をする

思い出してみてください。あなたが彼と付き合い始めたころ、「今日で付き合ってからちょうど一週間だね」「出会ってからちょうど1ヶ月経ったね」などと、ほんの短い時間の経過でも、記念日のように嬉しく感じていたはずです。なんとなく最近は二人の関係が、ただ会ってるだけのような感じになってきていたら、最初にデートをした場所を訪れてみたり、よく通っていた場所へ再び行ってみたりして、お互いに当時の気持ちを思い出すきっかけを作ってみるのもよいでしょう。

単に「今日は出会って2年目の記念日だよ?覚えてる?」などと言葉で問いかけるよりも、実際に現場を訪れるほうがずっと効果的です。きっと彼は、出会ったころにいた場所の空気や、まわりの音を、自分の目と鼻と耳で感じ取って、「そうか・・・ここから始まったんだよな」と、そのときの自分の想いをありありと思い出し、それが再び新鮮な気持ちであなたと向き合うきっかけとなることでしょう。

 

その3 「もしも」の話をしてみる

よくテレビドラマなどで、「もし、あのとき自分が違う道を選択していたら」という仮定のもとで、過去へタイムスリップして、人生をやり直すというSFっぽい展開のお話がありますよね。あなたと彼が最近すこし惰性で付き合ってる雰囲気になってきたなとお互いに感じているとき、ふと彼に問いかけてみてください ― 「ねえ、もし私たちが出会ってなくて、付き合ってもいなかったら、いまごろ二人ともどうしていただろうね」と。彼は最初はあまり関心なさそうに、「わかんないな」などと受け流すかもしれません。

その反応を見ながら、あなたが、「別の人と付き合ってたら、きっと別れてただろうなあ」というと、彼は少しハッとして、「どうして?」と聞いてくるでしょう。そのときに、あなたが彼のような人をずっと求めていたこと、そしていま幸せであることを、さりげなく伝えてみてください。そして、あえてその話題はすぐおしまいにして、いつもの他愛の無い会話へと戻るのです。けれども、彼の中には何かの変化が起きて、あなたを大事に思っていることを、言葉よりも態度で示してくれるようになるはずです。

その4 嫉妬させる作戦はタブー

倦怠期のカップルに刺激を与える作戦として、男友達からちょっと好意を持たれていることを相談したり、わざと別の異性に少し気があるようなそぶりを見せたりして、彼の嫉妬心や独占欲を掻き立てようと考える人たちがいますが、それは多くの場合、逆効果となってしまうでしょう。男性は、好きな女性がまだ自分の彼女になっていない段階では、競争心を燃やすものですが、自分の恋人となった後で、相手が浮気心を起こしたり、信頼を裏切るような態度を少しでも見せたりしたら、怒りの感情を持つか、気持ちが冷めてしまうという、マイナスの結果を招きかねません。

中には、「それなら、自分も別の女性と付き合ってみようかな」という、開き直りをされてしまうことすらあります。最悪の場合には、あなたへの暴力にすら発展するでしょう。ここまで大げさな作戦をしなくても、倦怠期において、あなたが彼の男のプライドを尊重することを忘れてしまうと、関係はますます悪化してしまいます。この点は、くれぐれも注意してください。

 

その5 恋愛に依存せず女性として輝く

恋愛は、男性と女性がお互いに相手にふさわしい自分になれるように、男らしさや女らしさを磨くきっかけを与えてくれるものです。最初は実際以上に自分をよく見せようと少し無理もしてしまいますが、だんだんとお互いに素の自然な自分を出して、人間としても信頼し合える関係になっていきます。ただ、いっぽうで、安心しきってしまい、恋愛関係に依存して、自分本来の能力を磨くことが少しおろそかになってしまいがちです。そんなとき、自分の好きなことをしながらイキイキとしている別の女性が彼の前に現れたら、彼は自分に良い刺激を与えてくれる彼女の存在に魅力を感じてしまうかもしれません。

それならば、あなたがそのような女性になれば、彼はまたあなたから刺激を受けて、自分も向上心をもってさらに頑張ろうと思うでしょう。そしてそんな彼にあなたも刺激され、お互いに相手にふさわしい人間になろうと思うはずです。これはまさに出会ったころの二人の関係そのものです。倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなるカップルとは、お互いに自分磨きを続けている者どうしなのです。「流れる水は腐らず」といわれるように、まずはあなた自身が新鮮な気持ちで自分を高めていく道を歩んでいきましょう。

 

 

まとめ

倦怠期を乗り越えてさらに仲良くなれる方法5つ

その1 相手への敬意と距離感を保つ
その2 記念日にお祝い事をする
その3 「もしも」の話をしてみる
その4 嫉妬させる作戦はタブー
その5 恋愛に依存せず女性として輝く

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!