恋愛依存症かもしれない…と感じる5つの時

sunsetkiss

「友達と居ても好きな人のことばかり考えている…」「恋人と会えない時は、何しているのか気になって仕方が無い…」というあなた、もしかすると、気付かない間に恋愛依存症になっているかもしれません。

「これまではそうではなかった」という人も、次の項目に当てはまることがあれば、恋愛依存症に陥ってしまったのかもしれません!



 

恋愛依存症かもしれない…と感じる5つの時

 

1.好きな人や恋人中心でスケジュールを立てる

恋愛依存症に陥ると、好きな人や恋人中心に物事を考えてしまいます。其の兆候が一番はっきり分かるのが、相手に合わせてスケジュールを立ててしまうことです。

前から約束した友達との予定が入っているのに、好きな相手や恋人から「今日、ヒマ?」と突然のお誘いがあると、必ずそちらを優先してしまう、ということはないでしょうか?

そういったタイプの人は、追いかけられるより、追いかける派の人が多く、自分で勝手に“追いかける方”になってしまっていることが…。

友達との予定も、ドタキャンしすぎると、誘われなくなり、友達の数も減るので、更に好きな相手に依存する傾向にあります。そうなると、今度は相手はあなたを“呼べばいつでも来てくれる人”と、認識し、大切に扱われなくなります。「こんなに尽くしているのに…」と思うかもしれませんが、相手にとって“都合のいい存在”でしかないのです。

こんな事態にならないように、友達との関係も大切にしながら、意中の人と付き合うようにしましょう。

 

2.恋愛すると、仕事や勉強にやる気がでない

恋愛依存になると集中力が下がったり、やる気が不安定になります。

「学生時代から、好きな人ができると成績が下がる」「恋人ができると仕事で早引きが多くなる」という人は、恋愛によって自分をダメにしてしまうタイプです。

恋人や、好きな人の存在は、普通であれば、“あなたをさらに魅力的にしてくれる存在”なはずなのに、これだと、恋愛によって自分を見失ってしまいます。

相手が、あなたのことを大切に考えてくれている人であれば、「試験、頑張ったら○○に行こうね」などと、やる気にさせてくれるかもしれません。その言葉でやる気になって、一生懸命になるかもしれませんが、もし途中で相手と別れてしまうと、そのやる気も、火に水をかけたように、無くなってします。

 

3.相手の言いなりになる

恋愛依存症になると、好きな相手や恋人から嫌われることを異常に恐れる傾向があります。

そうなると、相手に反する意見が言えなくなったり、言われるがままになってしまったりしてしまいます。その結果、相手も自分の方が優位な存在であることを認識し、あなたのことを「自分の思い通りになる従順な相手」と思うようになります。

相手があなたのことをそんな風に思うようになると、相手はあたなに対してどんなわがままも許されると思い、あなたを振り回したり、ありえないような仕打ちをうけることも…。

そういったタイプの人は、相手を甘やかすことになった結果、「浮気しても許してくれるだろう」「経済的に困ったらお金を貸してくれるはず」と相手に思われてしまい、痛い目を見ることもあります。

どんなに好きな相手でも自分の意見はちゃんと伝えましょう。対等でない恋愛をしていては、いつまでたっても幸せになれません。

4.相手の好みに合わせる

付き合う人によって、自分のファッションの系統ががらりと変わったり、髪形が変わったりすることは、“相手に自分を好きになって欲しい”と思う人なら誰しも経験があるはず。ですが、それが極端になってしまっていると要注意です。

何でも相手の好みに合わせてしまい、自分らしさを失っていませんか。

ファッションやヘアスタイルだけならまだしも、“考え方”や“行動”まで、相手の好みに合わせてしまっていませんか?それで、あなたの人としての魅力や、女子力が高まるなら相手はあなたにとっていい存在となります。ですが、何でもかんでも好きな相手に合わせていると自分を見失ってしまい、あなたは、その好きな相手の好みによって作られた“虚像”となってしまいます。

そうなると、別れたり、振られたりした後が大変です。好きな人の好みによって作られていたあなたは、自分の考えが見えなくなってしまい、また、“他の誰かの好み”に染まりたいと思うようになり、恋愛に依存していくのです。

 

5.失恋=この世の終わり

失恋をすれば、誰だって落ち込みます。ですが、極端に落ち込んで、塞ぎ込んでしまったり、ひどい場合だと、リストカットなどの自傷行為に走ってしまう人もいます。

“好きな人=自分の全て”と思っている人がそうなる傾向にありますが、そういう人は、好きな人に対する気持ちは、人一倍強いので、“重い”という理由で振られてしまうことも…。

失恋は、人を強くさせる“挫折”の一つです。失恋によって、物事の見方が変わったり、新しい考え方ができるようになるので、人として、成長することができるのです。

また、相手に振られると、自分の存在を否定してしまう人もいますが、その相手だけがあなたの全てではありません。「合わなかったんだな」くらいの気持ちで受け止められるよう、自分の価値観や考え方も尊重する姿勢を持ちましょう。

こんな心理状態になったらひとりで思い込まず、親身になって考えてくれる友達に相談してみましょう。友達に相談できない場合は、カウンセラーに相談しましょう。

 

いかがでしたか?

“恋は盲目”言葉の通り、恋愛にハマりすぎると、見えているはずのものが見えなくなってしまったり、自分の考えすら分からなくなってしまいます。そうならないためにも、しっかり“自分”をしっかり持った恋愛をしましょう!

 

まとめ

恋愛依存症かもしれない…と感じる5つの時

1.好きな人or恋人中心でスケジュールを立てる
2.恋愛すると、仕事や勉強にやる気がでない
3.相手の言いなりになる
4.相手の好みに合わせる
5.失恋=この世の終わり



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!