知ってお得☆シミ対策を5つお教えします!

シミ対策を5つお教えします!え?こんなところにあったけ?

鏡を見て思ったことありませんか?そして一つ見つけてしまうとどんどん見つかってくるのがシミ・・・ではありませんか?一生懸命、汗水流しながら子育て・家事・お勤めしてきた証。ではあるんでしょうが、それでもう少し綺麗な肌に戻したい(切実な願い)

今回は知っているといいかも!そんなシミについてまとめています。



 

知ってお得☆シミ対策を5つお教えします!

 

1.対策前の知識(原因)

肌のシミの原因はいくつかあります。よく知られているのが紫外線ですね。加齢やストレス・睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常。

まずは、生活習慣を整え、しっかり食事を摂り、肌荒れに気付いたらすぐに皮膚科へ、というスタイルに変えましょう。

 

2.対策前の知識(種類と効果)

シミとは言えど、ソバカスやカンパンとそれぞれの症状があり、対策法もそれぞれです。自分の肌の症状をしっかり見分けないと間違った予防をしてしまうこともあります。少し、詳しく説明します。

炎症性色素沈着、過去の皮膚の炎症や傷が色素沈着してシミとなっていて、虫刺されや脱毛にともなって肌が炎症を起こしまい、茶色くなりやがて黒く跡になるもの。美白化粧品の効果が大きく期待できるので使用をおススメします。

老人性色素斑、シミの中でもっとも多いようです。若い頃に紫外線の対策を怠っている人に多く現われるシミで、最初は薄いので気にしない方もしだいに濃くなってきます、歳を重ねるにつれてほとんどの方に現われるため老化現象のひとつと考えられたいます。美白化粧品の効果は多少期待できるので早めの対策が必要です。

脂漏性角化症、皮膚の表面がイボのように膨らみをともなって淡褐色から黒色になるのが特徴です。皮膚の良性腫瘍で、紫外線に当たったり放っておくと大きくなります。美白化粧品の効果は期待できません。炭酸ガスレーザーや液体窒素で治療しなくてはなりません。

雀卵斑(ソバカス)、目の下にできる細かな色素斑、顔にできた細かなシミには、遺伝的な原因によるものと、そうでないものがあり、雀卵斑(ソバカス)は遺伝的なものを指します。美白化粧品の効果もありますが、なかなか効果が出ない場合はレーザー治療でシミを取り除くことができます。

 

3.対策(化粧水)

たくさんのシミの種類を紹介しましたが、対策として、美白化粧水。効果の出ない場合もありましたが、やはりシミを作らないことから始めることが大事です。そしてシミに気付いた時にはすぐに症状を確認し、化粧水の利用が効果あるのであれば取り入れることが大事です。

美白化粧水の、美白成分にはシミの原因にメラニンをやっつけてくれる効果があるのです。皮膚の老化や不規則な生活などでターンオーバーが上手くいかないと、メラニン色素が表皮の中に残ったままの状態になってしまい、いつの間にか紫外線の影響がなくてもメラニン色素が次々と作られシミとなっているのです。美白成分はこのメラニン色素が作られる過程を阻害する働きをしています。

美白化粧品を選ぶ際は、「一年中使えるか」ということを意識して選ぶようにするといいでしょう。化粧水、乳液、クリーム、マスクなどいろいろなタイプの美白化粧品がありますが、毎日気軽に使える美容液などがオススメです。マスクなどはプラスアルファのケアとして考えてください。

4.対策(メイク)

最近では、女性の下地、ファンデーションにもUVカット機能がありますよね?パウダーファンデーションも同じです。紫外線防止効果があります。紫外線散乱剤に似た作用で、パウダーファンデーションを塗っていることで紫外線を跳ね返してくれます。

パウダーファンデーションをしっかり塗っている女性のほうが、シミができにくいという統計も出ています。毎日するメイクで少し気を付けると予防になります。しっかりシミを防ぐ意味でも、パウダーファンデーションを重ねてUVカットを行いましょう。

 

5.対策(食事)

そして、食事です。

ビタミンC、シミ予防には、ビタミンCが絶対です。メラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用もあります。ビタミンCは体内に蓄積することができないので、毎日できれば数回に分けて摂取することが大切になります。パプリカ、菜の花、ブロッコリー、いちご、サヤエンドウ、トマトを意識するといいですよ。イチゴはパックに入れて会社に持っていったりなんてのもいいでしょう。

ビタミンA、新陳代謝を促進し、シミを排出するにはビタミンAが有効。ビタミンCと違うのは、ビタミンAは体内に蓄積することができるので、ある程度一度にたくさん摂取しておくのも効果的です。うなぎ、モロヘイヤ、人参、鶏レバー、かぼちゃ、ほうれんそう、にらなどがいいのですが、一度にたくさんのほうれん草?にら?は厳しいので、食事が楽しくなくなってしまうので、カレーにしてみたり、やはり意識しながら3食分の料理にうまく登場させると良いでしょう。

 

いかがでしたか?

今回はシミの原因から種類、予防法、なぜ美白美容液が大事なのかなどまとめてみましたが、結局は早めの対策、意識に敵うものはないのかもしれません。

どんなに意識をしても、避けては通れない「年齢」という壁。かといってほおっておくと悪化するだけです。年齢、良いじゃないですか。それまでのたくさんの歴史があるのですから!どうしても太陽は沈み、また昇ります。そして一年が経ちまた年を重ねます!

が!肌年齢は別物です。努力次第でどうにでも出来ちゃうのが肌年齢!毎日、笑顔で笑えるように努力をしませんか?

 

まとめ

知ってお得☆シミ対策を5つお教えします!

1.対策前の知識(原因)
2.対策前の知識(種類と効果)
3.対策(化粧水)
4.対策(メイク)
5.対策(食事)



あなたに訪れる運命を知る方法

あなたの運命や人生の転機は、あなたの生年月日や血液型からわかります。

今、当たると話題の『神言鑑定』では、どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の占い鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが
あなたの運命を劇的に変えてくれます!

今なら【初回無料鑑定中】なので是非やってみてください。