店員に一目惚れ…アプローチの5つのコツ

店員に一目惚れ…アプローチの5つのコツ店員に一目惚れをしたことがある、という人は多いかもしれませんが、アプローチをしたことがあるという人は少ないかもしれませんね。

いつもいくコンビニやカフェ、または行きつけのアパレルショップの店員など、お店の店員に一目惚れをしてしまって、会いたいがためにお店に通ってしまうという人も多い中で、実際にアプローチをしたことがあるという人は極端に少ないと言えます。なかなか勇気も出ませんし、アプローチもどうやってすればいいのかわからないもの。

今回はそんな店員に一目惚れをした人必見。アプローチの5つのコツについて紹介していきます。



 

店員に一目惚れ…アプローチの5つのコツ

 

まずは自分を知ってもらう

 恋愛をする前にまず大切なのが、相手に自分を知ってもらうということ。相手が自分のことを知っていなければ恋愛に発展するどこか、アプローチをしても気付かれないなんてこともあるでしょう。そうなってしまえばいくらアプローチ方法を考えたとしても無駄ということになります。

なのでもし可能であるならば出来るだけ店員に自分を知ってもらうために、そのお店に通い続けるというのが大切。常連客というのは店員にとっても覚えなくてはいけないお客さんでもあるために、あちらからも知ろうとしてくれます。

店員からすれば、常連客がきた場合は他のお客さんよりもテンションが上がったり、気がつくことができるので、まずは一目惚れした店員に自分の存在をわかってもらうということを頑張ってみましょう。

 

挨拶をしてみる

 よく行くお店の店員に一目惚れをしたのならば、顔を覚えてもらっている可能性もあります。なのでもしその店員さんと目が合うことがあったり、レジなどを担当してもらった場合には軽く挨拶をしてみるのがいいでしょう。

挨拶をするというのは店員にとっても嬉しいことですし、その人に接客するのが楽しくなっていきます。そうなれば一気に店員の中では存在感が大きくなっていき、仕事をする中でも重要なお客さんという位置づけへとなっていくでしょう。

また、いつも朝にそのお店にいくという人は「おはようございます」と言った感じの挨拶になると思いますが、もし一目惚れをしている店員が他の時間帯にいる場合には、あえて違う時間帯に行くのも◎。いつもと違った時間にくるというだけで新鮮ですし、挨拶も聞き慣れていないものになるために意識させるアプローチをすることができます。

 

世間話を振ってみる

 挨拶をすることができるようになれば、一目惚れをした店員とかなり親密な関係になっていると思っていいでしょう。お客さんという立場であることは変わりませんが、他のお客さんと比べてみると親しい仲というのは店員にとっても働く上でモチベーションも高まるものとなります。

自然と挨拶ができるようになったら、業務に差し支えない程度での会話を振ってみましょう。「今日は温かいですね」とか、「寒いので風邪をひかないように気をつけてください」とか、特に季節に関する話題というのがし易い上に不自然でもなく、すぐに会話を終えることができるのでオススメ。

ただしお店が混雑している場合などは世間話をしている暇もないので「混んでいるようですが、がんばってください」の一言を伝えるのが◎。

偶然を装って業務時間外に会ってみる

 もし一目惚れをした店員のだいたいのシフトがわかっているのならば、偶然を装って出勤前にお店に行ったり、終わり間際に行ってみるといいでしょう。

「これからお仕事ですか?がんばってください」「もうあがりですか?いつもお疲れ様です」。たったこれだけを伝えるだけですが、業務外に言われるというのは勤務中と比べてみると特別感が増してお客さんから脱却できる大きなポイントとなっていきます。

しかし、一歩間違えばストーカーだと思われたり警戒されたりするためにやりすぎには注意が必要。あくまで偶然であることが大切であるために、わざとらしさは禁物です。またある程度仲がいい関係ならば「いつもこの時間からですか?」「だいたいこの時間に終わるのですか?」ということから会話に華を咲かせるアプローチもいいでしょう。

 

連絡先を書いた紙渡す

 連作先を渡すのは、店員に一目惚れをした時には誰もが浮かぶ方法かもしれません。しかしある程度仲がよくないとこの方法をしてはいけません。逆の立場になって考えてみたときに、ほとんど知らない相手からいきなり連絡先を渡されたら、嬉しいとか連絡をしてみようという気持ちよりかは、警戒心を持ってしまいますし、相手の意図がわからずに怖いだけですよね。

連絡先を渡すのは、一目惚れをした店員と急接近するための最大のアプローチだと言えますがタイミングを見極めないと一気に恋が終わることにもなりますし、二度とそのお店に行けないなんてこともあるでしょう。

ある程度仲がよくなり、会話も適度にするようになれば「今度食事にでもいきませんか?」ということで連絡先を渡すのがオススメ。あくまでも軽い誘いといった感じで、グイグイいくのはNGです。

店員という立場は、やはりお客さんには弱いということもあり、断りづらい雰囲気を出すというのは相手に威圧感を与えてしまうことになります。あくまで軽く、断られても仕方ないというスタンスで連絡先を書いた紙をさりげなく渡すのがいいでしょう。

 

いかがでしたか?

店員に一目惚れ=失恋の予感という感じもしてしまいますが、しっかりと距離を縮めていくことによってお客さんという立場からプライベートにも踏み込める関係になっていきます。実際に店員と距離を縮めていくともなれば、長期戦となる可能性を考えてアプローチをすることを考えましょう。

今回紹介した店員に一目惚れをしたときのアプローチのコツを踏まえた上で、諦めかけていた店員への恋心を再熱させて恋愛成就のために頑張ってアプローチをしていきましょう。

 

まとめ

 店員に一目惚れ…アプローチの5つのコツ

・まずは自分を知ってもらう
・挨拶をしてみる
・世間話を振ってみる
・偶然を装って業務時間外に会ってみる
・連絡先を書いた紙渡す

2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

『星をよむ』で、2018年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!