初デートの会話で彼のハートを射止めるポイント5つ

firstdate

気になるあの人といよいよ初デートとなった時、どうしたら上手くいくかドキドキしますね。何事も最初が肝心です。ここで相手に上手く印象付けられれば、その後の二人の関係もより良いものになります。

最近は、友だち同士で集まっても、それぞれがスマホをいじっている時間が長かったりする場合も多いようですが、恋人どうしですら、会話中の何割かは黙って携帯画面を見ている時間があったりします。そんなカップルも、最初のデートではお互いの顔をちゃんと見て、手をつないだりして会話を楽しんでいたはずです。でも、なんとなくの流れで付き合うようになったら、しだいに口頭での会話も減ってしまうのかもしれません。


ずっとラブラブでいられるカップルになるには、ちゃんと心を通わせる会話が最初からできて、お互いの言葉にトキメキを感じる瞬間を持つことが大切になります。あなたと彼がそんな幸せな関係になれるように、初デートで彼のハートを射止める際に気をつけたい5つのポイントをお教えしましょう。



 

初デートの会話で彼のハートを射止めるポイント5つ

 

ポイント1 アイコンタクトを忘れない

初めてのデートは、まだお互いに恥ずかしさもあって、ぎこちない感じになるのが普通です。最初からリラックスして手をつないで歩けるなら素敵なことですが、ちょっと緊張しながら彼と並んで歩くのも、初々しくていいものです。歩きながらの会話の際は、照れてしまって、下を見ながら話すのも可愛らしいですが、できるだけ彼の顔を見て(見上げて)、アイコンタクトを求めるようにしましょう。男性は、女性との瞳のふれあいにドキッとして、その瞬間に魔法にかかったように心を奪われてしまうことが多いものです。そして、あなたが話しかけるたびに目線を合わせてくれば、それだけで彼はどんどん幸せな気持ちになっていきます。ぜひ最初は目と目のふれあいの会話から始めてみましょう。

 

ポイント2 彼の隣に座る場合

はじめてのデートで気をつけたいポイントはお互いの位置関係です。ポイントでは彼の隣に座った場合についてです。

デートの場所が屋内でも屋外でも、彼とゆっくり会話を交わすときは、お互いに座って話すシチュエーションになるでしょう。公園のベンチなどでは、並んで座ることになりますので、綺麗な景色を眺めながらも会話も素敵ですが、ポイント1で述べたように、できるだけ彼の顔を見て、アイコンタクトを求めるようにして話しかけましょう。そして、ときどき笑いながら彼の膝をポンと軽くたたいたりしてみましょう。女性にボディタッチをされると、男性は嬉しく感じるもので、それは性的なものにつながるというよりも、優しい母性愛に安心感を覚える感覚に近いものです。

もちろん、手をつなぎながら座っていてもいいのですが、ずっとつないだままだと、歩きながらの場合と違って、片手の動きが不自由になってしまいますので、途中で手を離してしまう感じになり、あまり印象はよくありません。彼の隣に座って話す場合は、会話の途中でさりげなくふれるボディコンタクトが言葉以上に彼のハートをときめかせるものです。

 

ポイント3 彼の正面に座る場合

はじめてのデートではお互いの位置関係をどう取るか、ポイント2では彼の隣に座った場合についてお話しましたが、ポイント3ではデートで彼の正面に座る場合です。

デート中にレストランで食事をする際は、カウンター席を選ばない限り、テーブルをはさんで彼と向き合って座るのが普通ですが、お互いの顔を正面から見て話せる自然な機会でもあります。横に座るよりも彼との距離があるので、軽いボディタッチができないデメリットはありますが、そんなときは、「ちょっと手相を見せて」といって、彼の手を両手で包むようにして少し引き寄せてみたりすると、あなたの手相診断を聞く以上に、彼はあなたの指の感触を感じ取っているでしょう。

それから、できれば彼より先に、おしぼりやストローなどを手にとって、彼の手元に置いてあげましょう。彼はあなたのことを、気がきく女性だと思うだけでなく、相手を気遣う優しさを感じて、心がほっこりすることでしょう。

初めてのデートは男性にとっても生涯忘れない思い出となるものですが、数年後に振り返ったときに、彼が思い出すのは、あなたの発した言葉よりも、正面から自分を見つめていたときのあなたの表情、そして優しく触れてきたあなたの手の感覚だったりするものです。

もちろん、会話の内容も大切ですが、それ以上に、あなたは彼と話すときの自分の表情や目線を意識して、ときどき軽いタッチを心がけるようにすると、あなたの存在を彼のハートに深く刻むことができるでしょう。

ポイント4 彼の愛称を何度も呼ぶ

初デートで距離を縮め、相手の印象に残る方法で重要なのは、デートの相手をどう呼ぶか、そして相手の名を呼ぶ頻度です。

あなたと彼がまだ知り合ったばかりで、お互いを「○○さん」という多少丁寧な感じで呼び合っているときは、会話の中で相手を「さん」付けで何度も呼ぶと、彼は逆に距離をおかれているように感じてしまう恐れがあります。そういうときは、場の雰囲気を読みつつ、「○○さんっていうのは、ちょっとよそよそしい感じがするので、○○って呼んでもいいですか?私のことは○○って呼んでくれたら、うれしいです」と、愛称などで呼び合うことを、明るく提案してみましょう。

きっと彼は少し照れながらも、OKしてくれるはずです。そして、それから先は、会話の中で、できるだけ彼の愛称を何度も呼びましょう。そうすることで、彼はあなたをずっと身近に感じられるようになり、あなたは自分の存在を彼の心の中にしっかりと植えつけていくことができるでしょう。

 

ポイント5 デートの終わりに口にする言葉

初デートも終わりの時間に近づいてきて、そろそろ帰宅の途につかなければいけなくなったころ、二人の胸中はきっと、「相手は今日一日、自分と一緒にいて楽しいと思ってくれたのかな。そして自分自身も楽しかったかな・・・」という少し繊細な気持ちでいることでしょう。そして、あなたが彼と交わす最後の言葉は、それを自分なりに表現したものになるはずです。

そんなとき、「今日はありがとう。楽しかったです。じゃあ、またね」というような、ちょっとありきたりの言葉では、お互いに社交辞令のように受け取られかねません。場合によっては、「なんだか彼女は、ドライな感じだなあ」と彼に思われてしまうかもしれません。

初デートのときの男性は、女性が思っているよりも、相手の表情をさりげなく観察しています。女性が見せる社交辞令のスマイルと本心の笑顔との区別は男性には難しいものですが、あなたが何気なくつぶやくようにいった言葉は、意外に深く印象に残り、彼の心に刺さったりするものです。そこをうまく活用して、デートが終わりになるころに、遠くを眺めるような目線で、少し小さめの声で、「ああ、きっと私、今日のことはずっと忘れないだろうなあ・・・」などと、彼に聞こえるように、つぶやいてみてください。

女性が自分に言い聞かせるようにいった言葉は、男性のハートに深く浸透していきます。そして、あなたが自分とのデートを本当に楽しんでくれたことを確信できるとともに、あなたをこれからも幸せな気持ちにしてあげたいなという、いとおしさもこみ上げてくることでしょう。

もちろん、心からの素直な思いを口にしなければ、本当に伝わるものではありません。初めてのデートのエンディングで、あなたのハートから放たれた矢で、しっかり彼のハートを射止めましょう。

 

 

まとめ

初デートの会話で彼のハートを射止めるポイント5つ

ポイント1 アイコンタクトを忘れない
ポイント2 彼の隣に座る場合
ポイント3 彼の正面に座る場合
ポイント4 彼の愛称を何度も呼ぶ
ポイント5 デートの終わりに口にする言葉

2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

『星をよむ』で、2018年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!