一人暮らしで貯金を上手にする5つのコツ

一人暮らしで貯金を上手にする5つのコツ一人暮らしは誰もが憧れるものですが、現実は楽しいものではなく出費も多く貧乏生活を送るものでもあります。しかし将来のことを考えれば貯金をしておかなければ…とも思うと、なかなか一人暮らしをしながら貯金をするのはハードルが高くて上手くできないという人も多いのではないでしょうか。

しかしコツさえ掴んでおけば、一人暮らしをしながらも貯金をして将来のためや、目標のためにコツコツお金を貯めることもできるのです。

今回は一人暮らし必見。一人暮らしで貯金を上手にする5つのコツを紹介していきます。



 

一人暮らしで貯金を上手にする5つのコツ

 

 1.500円玉貯金をする

ありがちな方法ではあるものの、500円玉貯金も貯金をする上では有効なものになります。やり方は簡単で、500円玉ができたらそれを少しずつ貯金をしていくというもの。1000円札でのお釣りで500円玉をもらうことも結構ありますし、そうなればすぐに貯金をしていくだけで結構お金は貯まっていくものです。

特に社会人にとってはお昼ごはんにコンビニを利用する人も多いと思うので、おつりで500円玉をもらうことって結構ありますよね。出先で貯金箱を使うというのは難しいと思うので、財布の中に分けて入れておいたり、または小銭いれを別に用意して貯めておくのもオススメ。

一ヶ月や二ヶ月ごとに貯まった500円玉を数えて、いくら貯金を出来たかもチェックしておくと、想像以上に貯金ができていてモチベーションも上がり、意欲的に500円玉貯金をすることができます。簡単な割に効果も実感できる貯金方法なので、是非試してみるといいでしょう。

 

2.毎月決まった額を貯金する

毎月○○円貯金をする、と自分の中でルールを決めておくのも貯金が貯まる方法の1つだと言えます。一ヶ月の収入から考えて、無理のない金額を目安に貯金をしておけば毎月決まった額を貯金することができますし、何か目標がある場合なども計算しやすくなります。

でもいくら貯金すればいいかわからない、という人も多いと思うので、簡単で単純な方法として必要な生活費の金額を収入額から引いてみて、残りの金額をそのまま貯金するというのもありでしょう。家賃や光熱費、食費などは必要不可欠なものですし、最低限暮らしていけないと貯金以前の問題となります。単純すぎる方法でもあるために、趣味の時間や人付き合いの交際費などを考えるとさらに貯金額は減ってしまうものの、生活費+いくらかの金額の中でそれらをしておけば、決まった額を毎月貯金することは出来るでしょう。

 

3.無理をして貯金をしない

いざ貯金をしようと思うと、大きな金額を貯金したくなるものですが、そういった無理な貯金はすぐに限界を感じてしまい長続きしない原因へとなっていきます。

それぞれ収入額はバラバラですが、自分の収入を考慮して無理が生まれない金額を考えてみましょう。例えば手取りが20万円だったとしたら、10万円貯金するのは厳しすぎますし、5万円でも結構無理な生活を送ることになり、ストレスが溜まっていくことになりますよね。

なので少ないとは感じていても、まずは少しでも貯金をすることが大切と考えるようにして、2万円、3万円程度で考えるのが妥当だと言えます。

貯金ばかりに主軸がいくと、自分の生活スタイルが壊れてしまったり、時には人間関係も壊してしまうことになりかねないので、自分の生活水準を考えて貯金額を設定していきましょう。

4.なるべく自炊をする

出費で最も多いのが食費になります。コンビニや外食はたとえその時に使うお金が少なかったとしても、それが積み重なれば大きな出費となりますし、それが貯金を妨げる原因にもなります。

なので貯金をしたいと思うならば、まずは自炊から心がけてみましょう。昼食にはお弁当を作っていったり、夜は面倒臭がらずに作るようにすれば、料理によっては数日間持つものもありますし、冷凍しておけば面倒臭い時にそれを食べることができます。

自炊のためにはスーパーなどで買い物をすることがありますが、セールの時に買いだめをしてみたり、自宅近くに業務用スーパーなどがある場合は日持ちするものや、よく使う調味料などはそういったところで買うと安く食材を買う事ができます。

料理のレパートリーも増えるので、安く貯金をしながら美味しいものが食べれるのでオススメですし、将来料理を覚えていて困ることはまずないので、是非自炊を心がけていきましょう。

 

5.節約を心がける

普通に生活していると、コンセントを抜き忘れてしまったり、夏場はクーラーに頼りきってしまったりしていて、なかなか光熱費削減をすることができなかったりしますよね。しかし一工夫をすれば、電気代やガス代を最小限に抑えることができますし、一ヶ月に出費する金額も大きく減るため、その金額を貯金に回すことも出来るようになります。

例えば夏場は窓をあけて扇風機を回し、風通しをするだけでもだいぶ違いますし、クーラーの設定温度をそこまで下げずに扇風機で冷気を部屋中に回すようにすればクーラーや冷房を多用せずに済みます。冬場は窓からの冷気を抑えるために窓用の防寒シートを購入し使えば、部屋の温度低下を最低限に食い止めることにも。

案外簡単な一手間を加えるだけで、光熱費を削減することができたり、料理に使う食材も考えようによっては色々な部位が使えたりもするために、節約を常日頃心がければ、自然と貯金額も増えていくと言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

一人暮らしの貯金はハードルが高いとは思われがちですが、一工夫すれば簡単に貯金をすることが出来るようになります。また一人暮らしだからこそ必要最低限の出費に抑える事もできるため、あえて一人暮らしという立場を活かしてコツコツ貯金をしていけば、あっという間に想像以上の貯金額になるということも。

貯金のコツはストレスを貯めない、無理をしないということなので、少しずつ千里の道も一歩からということで続けていくのが1番大事なことなので忘れないようにしましょう。

 

まとめ

 一人暮らしで貯金を上手にする5つのコツ

1.500円玉貯金をする
2.毎月決まった額を貯金する
3.無理をして貯金をしない
4.なるべく自炊をする
5.節約を心がける

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!