朝起きれない、、なんてもう言わせない!朝に勝て!!5つの必勝法!!

朝起きれない、、なんてもう言わせない!朝に勝て!!5つの必勝法!!夏の夜って、暑くて寝れないよ・・。そんな方、多いと思います。朝も、起きなきゃいけないのに、身体がいうことを聞いてくれなくて、ズルズルと・・・時間がない!!なんて日常茶飯時。朝ごはんすら食べれない。

どうにかならないものか・・と、悩んでいるあなたは必読です。そもそも、気持ちの良い目覚めを得るためにまず必要なのは、質の良い眠りです。今回は、眠りの質を上げるのに効果的で、すぐに実践できる5つの寝る前に行う儀式!?を皆さんに紹介したいと思います。



 

朝起きれない、、なんてもう言わせない!
朝に勝て!!5つの必勝法!!

 

その1 部屋は暗めに

夜に、明るい部屋にいるとメラトニン(眠気を誘うホルモン)の分泌が妨げられてしまうと言われているので、寝る2~3時間前から部屋を暗めにしましょう。照明を極力消したり、寝室等はホテルのように間接照明にしても雰囲気が出ますよね。間接照明のインテリアを楽しめて、更に朝もスッキリ起きれるなんて、まさに一石二鳥です。

メラトニンは暗くなるにつれて分泌が増えると言われています。ですので、部屋を暗くすることによって、眠りの質を上げてくれる効果が期待出来ます。

 

その2 身体を温める

眠りの質をあげるために、欠かせない事の1つに身体の内部を温めることがあげられます。そのため、寝る前に冷たい飲み物やアイスなど、身体を冷やしてしまうものは、スッキリするかもしれませんが、あまりおススメできません。身体が冷えると、血行の流れも悪くなってしまいます。上質な眠りを得るためにも、身体があたたまる飲み物などで、リラックスしてから眠りましょう。ハーブティーなど、なるべくカフェインの入っていないものが、おススメです。

 その3 食事は睡眠の3時間前まで

夜食は、できる限り就寝の3時間前までに済ませるようにしましょう。食事の後は、胃や腸が消化・吸収活動をするため、身体が活動している状態です。よって、上質な眠りが妨げられてしまいます。食事自体も、できる限り食事自体も消化の良い・身体に優しいものを選び、腹八分目を心がけるとなお良いでしょう。

 

その4 お風呂はゆっくりぬるま湯で

お風呂は、暑くてシャワーにしている方も多いとおもいますが、浴槽につかる方がベター。副交感神経を優位にするためにも、38~40度位のややぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。

夏は特に、薄着だったり、冷たいものを飲む機会が多いので、お腹や内臓が知らずと冷えてるパターンが多くみられます。ゆっくりと身体の芯まで温めることで、自然と眠気を誘うことができます。

 

その5 カーテンは光を通すものに。または、カーテンは少し開けて寝る

朝、朝日を浴びることは身体体内時計をリセットするうえでとても大切です。光を通すカーテンがあればベストですが、ない場合、普通のカーテンを朝日が入ってくる程度に少し開けておくようにしましょう。日光は気持ちの良い目覚めを与えてくれます。

 

いかがでしたか?

なれると、そこまで面倒ではないはずです。皆さんもこの5つの必勝法を実践して、気持ち良い朝を、上質な眠りを体験してみて下さいね。

 

まとめ

朝起きれない、、なんてもう言わせない!朝に勝て!!
5つの必勝法!!

その1 部屋は暗めに
その2 身体を温める
その3 食事は睡眠の3時間前まで
その4 お風呂はゆっくりぬるま湯で
その5 カーテンは光を通すものに。または、カーテンは少し開けて寝る



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!