デートを断る時の上手な5つのコツ

デートを断る時の上手な5つのコツデートのお誘いは相手に対して少しでも好意が有れば嬉しいものです。しかし、そんな時ばかりではありませんよね。誘われるということは、モテるということでもありますから、贅沢な悩みだと思われてしまうこともあります。とは言え、何度も誘いを断ることも苦痛を感じますしストレスになる事だってあります。

状況や立場によっても、デートを断る言葉に悩んでしまうこともあるでしょう。デートを波風立てずに断るにはどうしたら良いのでしょうか。



 

 デートを断る時の上手な5つのコツ

 

デートを100%断りたいのなら曖昧にしない

デートに誘われた相手がどのような立場かによって、断り方も違います。はっきり断っても問題ない立場の相手であれば、わかりやすい言葉で伝えるのが一番です。今回は断ったけれど、また誘ったらOKしてくれるかも知れないという期待を残すことで、また誘われ煩わしい思いをすることになります。

誘われても行く気はないという気持ちを正直に相手に伝え、早い段階で諦めてもらう事も大切。「あなたとはそういう気になれない」とはっきり分かるように伝えるのも相手への思いやりですし、結果的にお互いに傷つかずに済む可能性も高いでしょう。曖昧にすればするほど後々断りにくくなったり、トラブルになる可能性もあります。

プライドを傷つけないように、「好きな人がいる」「恋人がいる」などの言葉を使うのも良いでしょう。職場やクラスメートなど、今後もかかわらなければならない相手であれば、真実かどうかに関係なくこのような言葉を使う必要がある場合もあるでしょう。

 

デートを断りにくいなら「みんなで」

 「デートしよう」と言うのではなく「~へ行こうよ」と誘われたのなら、他の人も誘おうという提案をしてみるのもオススメです。遠回しに2人では出かける気がないと伝えることにもなります。周囲に共通の仲間がいるのであれば、必ずみんなでという提案をしやすいでしょう。

その後もデートする気がない相手なのであれば、2人で行こうと言われたとしても「大勢の方が楽しいよ」と言いましょう。あくまでも2人では無理という体制を取ることが大切です。気の合わない相手に気を使ってデーををしてしまうことで、その後の断り方が難しくなりますし、共通の友人などとそれ以前のように関われなくなる可能性がありますから、行動ははっきりさせておいた方が良いでしょう。

 

予定を確認してから連絡する

 急にデートに誘われてどう断ったら良いかわからない場合には、予定がハッキリしていないから後ほどこちらから連絡をする、と伝えてみましょう。その後にどのように断ろうかなど考える時間を取れることもありますし、その場で言いにくいことも時間をおいてメールなどで返事をすれば気が楽でしょう。

表情で気持ちが伝わる事も多いため、その場で予定があると断るのも良いですが、誘われた相手を優先していないということを伝えるためにも、予定次第とした方が良い場合もあります。

何度も誘ってくる場合にも、毎回「予定があるから」とは言いにくい場合もあります。取りあえず保留と言うことにしておいて、丁重にお断りしましょう。この方法では何度も誘われる可能性があることがネックです。そのストレスに勝てる自信があるのであれば、毎度「予定があります」で通すのも良いのではないでしょうか。

デートをする気も起きないほど「忙しい」

 デートをしたい相手からのお誘いであれば、どんなに忙しくても断らないはずです。この事をわかっている人であれば、しつこく誘われることはないでしょう。また、忙しい時には予定を入れにくいのは当たり前の話ですし、忙しければ疲れてそれどころではありません。

余裕がない事を解ってもらい、それでも誘われるようであれば、時間ができたとしたらこちらから連絡するということにしておくと良いでしょう。

そのまま連絡をしなかったとしても、ずっと忙しかったで通すこともできますし、忙しいことにしておけば相手から連絡が来たとしてもそっけない返事をすることも可能でしょう。

 

日頃から好意がないことを伝えておく

 デートに誘うということは、大抵の場合相手にも気がありそうだと感じているからと考えられます。特に誰にでも愛想が良く、好意的な態度を取れる人は、コミュニケーション能力としては良いことですが、勘違いされることも多々あります。

デートに誘われたくはないし困るという相手には、あえて日頃か好意のなさそうな態度を取っておくことも大切です。できる限り話しかけない、話している時にも目を合わせない、物理的な距離を保つ、笑顔をあまり見せないなど、それとなく伝わるようにしておきましょう。人間関係を上手くいかせるには親しくなるのも大切ですが、親しくなりすぎないようにするものも重要な事です。

 

いかがでしたか?

デートのお誘いを断る方も気を使うものです。ほとんどの場合、どのような事わり方でも何度か断れば気がないことを察してくれるものですが、中には何度断られても気が付かない、または余計に執着してしまうタイプの人もいらっしゃるのが現実です。

何度かデートを断ることをしていても、めげずに誘ってくる場合には結果的にハッキリと拒否するしかなくなる可能性もあるでしょう。

断る方も相手の気持ちや性格を察したうえで、どう断るのが一番かを考える必要があります。良い人になりすぎることや、印象を悪くしたくないために中途半端な断り方をするのは、できる限り避けた方が良いでしょう。

逆に「デートしても良いかも」と思っている相手であれば、忙しい時や気が向かない時には断ってみるのも可。たまにお断りすることで、逆に相手の気持ちが盛り上がる可能性も高いです。相手を不快にしない程度に断ることも恋の駆け引きとしては効果的と言えるでしょう。

 

まとめ

デートを断る時の上手な5つのコツ

・デートを100%断りたいのなら曖昧にしない
・デートを断りにくいなら「みんなで」
・予定を確認してから連絡する
・デートをする気も起きないほど「忙しい」
・日頃から好意がないことを伝えておく

あなたに訪れる運命を知る方法

あなたの運命や人生の転機は、あなたの生年月日や血液型からわかります。

今、当たると話題の『神言鑑定』では、どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の占い鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが
あなたの運命を劇的に変えてくれます!

今なら【初回無料鑑定中】なので是非やってみてください。