告白されて断る時に、相手を傷つけない5つの方法

告白されて断る時に、相手を傷つけない5つの方法告白をされた時、それが好きでない人だった場合、その告白を断る時ってとても悩むものです。気持ちはないのだけど、相手を傷つけてしまうのではないかという思いに言葉に困ったりします。それができずに、相手に伝わらず、ずるずるとなかなか関係を絶てないということになってしまわないためにも、告白されて断る時は、相手を傷つけずに断れたらいいですよね。

今回は相手を傷つけずに告白を断る方法をご紹介させていただきます。



 

 

告白されて断る時に、相手を傷つけない5つの方法

 

 その1 恋愛モードではないことをみせる

告白された時、付き合おうと思っていない相手だったとき、その相手が自分にとって大切な人であることもあるでしょう。異性としてではなく、友達として大切な人、また先輩として尊敬している人など様々な関係があることと思います。

しかし、告白をされたことでその関係にひびが入ってしまうこともあるのです。付き合うことは出来ないけど、この関係は終わらせたくない。そういうときは相手を傷つけないで告白を断りたいと思うはずです。

そういうときは、相手に「自分は恋愛モードではない」ということをやんわりと伝えてみましょう。誰かとお付き合いをすることや、デートしたり、恋人関係の日常は今の自分は考えられない、忙しくて恋愛モードではない自分をしっかりと説明してみましょう。その上で、相手を傷つけてしまうからと説明をするのです。

もちろん、その時も告白してくれたことは嬉しいけれど…と相手への敬意もはらえるとなおいいかもしれません。

 

その2 告白に対しての感謝をする 

告白されて断る時、突然告白を受けて自分もびっくりしてしまい、とっさに相手を傷つけるような発言をしてしまうこともあると思います。考えられない、そんな風に思っていないというような本音を持っていたとしても、そこは伝えずに、相手が告白するに至ったその気持ちに感謝を伝えておきましょう。

告白するということは、なかなかできるものではありません。長い間悩みながらその思いを伝える決心をして告白したという人もいます。その気持ちをくみ、あなたの行動は素晴らしいと思うというようなことを言いましょう。

しかし、付き合う気持ちがないのならば、自分は今誰かと付き合うということは考えていないので答えられないから申し訳ないと、誠意をもって伝えることがせめてもの相手を傷つけない方法です。

 

その3 自分にはもったいないことを伝える 

告白されて相手を傷つけない方法として、相手の告白に対して、自分は思っているような人間でないと自分を卑下する方法です。ときに、告白をした側にとってみれば、どんなあなたでも受け入れるという気持ちでいる人もいるでしょう。しかし、その告白を受けられないのであれば、「あなたにはもっといい人と付き合うべきだ」と、相手を上に持ち上げてみましょう。

そして、私と付き合ったとしても、満足できるとは感じないので申し訳ないというような断り方をしましょう。この方法はいわゆる逃げの方法ですが、告白を断るときに、相手によい印象を与えないことで、「断られてよかったかも」と思ってもらうのも相手を傷つけない方法です。

その4 長い付き合いの人がいる

 告白されて相手を傷つけない方法に、告白されたら、本当でも嘘でも「長く付き合っている人がいる」と言ってしまうことです。

仮に、「好きな人がいる」という言い方で断った場合は、相手はそれはどんな人なのか、付き合っていないのならもっと頑張れば付き合えるのではないだろうかと思ってしまう人もいます。そうなった場合、相手は諦めずにもっと積極的になってくるかもしれません。

しかし、「長い付き合いの人がいる」と聞くと、自分と出会う前から付き合っている人がいるということには太刀打ちできないと感じやすいのです。多くの場合、人の幸せを壊してまでとは思えないものです。

相手を傷つけないために、たとえ長くなくともそう伝えてしまうことも必要です。

 

その5 相手を期待させないこと

 告白されて断る時に相手を傷つけない方法の最後は、「相手を期待させないようにする」ことです。

告白をされて、相手のことを褒めたりします。「あなたはとても素敵な人だと思う」という言い方をして、でも今は付き合うとかは考えられないという断り方をすることが多いはずです。その場合、あなたがとくに付き合っている人がいない、好きな人もいないことが知れると、相手にとって「自分に振り向かせればいい」と思い、あなたの断りを前向きにとってしまうことがあります。

なので期待させて相手を傷つけるよりは、始めのうちに可能性はないということを伝えることが大切です。そのため、相手に期待させる発言はNGなのです。

 

いかがでしたか?

告白されることは嬉しいものです。しかし、気持ちのない人からの告白はとたんに困った問題になってしまいます。好きの気持ちを相手も共有してくれるということがどんなに難しいものなのかを知るきっかけです。

誰かを好きになったという気持ちを適当にあしらわず、上手に断る事ができるのも、恋愛では必要なのかもしれません。

 

 まとめ

告白されて断る時に、相手を傷つけない5つの方法

その1 恋愛モードではないことをみせる
その2 告白に対しての感謝だけをする
その3 自分にはもったいないことを伝える
その4 長い付き合いの人がいる
その5 相手を期待させないこと

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!