ダイエットをする時に食事について気を付ける6つのポイント

ダイエットをする時に食事について気を付ける6つのポイント短期で効果が出る食事制限でのダイエットを経験したことがある女性は多いと思います。しかし運動を中心としたダイエットをするときにはあまり食事には気を使わないという方も多いのではないでしょうか?

カロリーを気にするのも大切ですが、それ以外にもダイエット中は食事について気をつけたほうが良いことが6つあります。この記事ではそんなダイエット中に気をつけたい6つのポイントをご紹介します。



 

ダイエットをする時に
食事について気を付ける6つのポイント

 

1.食べ順を意識する

 食べ順爆発ダイエットというフレーズを聞いたことが無いという人はダイエットを意識する女性の中では少ないのではないでしょうか?この食べ順爆発ダイエットはダイエット中で無くても取り入れられるほどの簡単さが何よりのポイントですね。方法は至ってかんたんで、ただ食事の中で食材ごとに食べる順番を考えて食べるというだけというものです。

食べる順番は、まず野菜等食物繊維が豊富なもの、次にタンパク質(動物性のものよりも植物性のたんぱく質を先に摂る)、最後に炭水化物を食べるというようなものです。食物繊維の多い野菜を最初に摂ることにより、食後の血糖値上昇を抑えられる他、炭水化物をすべて食べ終えなくても満腹にすることが出来るため、結果摂取カロリーを抑えることができます。ダイエットを意識したその日から無理なく始められる方法で、更に栄養バランスが崩れにくいため初心者ダイエッターにもおすすめの方法です。

 

2.燃焼を手助けする食べ物

食材の中には脂肪燃焼を促進してくれるような食べ物も多く存在します。ダイエットにいいからと女性が好んで食べることが多いトウガラシもこの脂肪燃焼を促進してくれる食べ物に含まれます。トウガラシに多く含まれますカプサイシンがエネルギー代謝を促進し、結果脂肪の燃焼を手助けしてくれるというようなものです。また、胃腸が弱くトウ2.燃焼を手助けする食べ物ガラシを多く取りたくない、辛いものが苦手だという方はピーマンやししとうにもこのカプサイシンが多く含まれているのでオススメです。

他にもヨウ素を多く含んだ食品にも脂肪を燃焼してくれる効果が有ります。わかめやひじきなどの海藻類にはこのヨウ素が多く含まれており、このヨウ素による効果で脂質や糖質などの代謝を促進させる働きがあり、脂肪燃焼効果を得ることができます。また、海藻類は低カロリーで満足感を得られるのでダイエット中には便利な食材ですね。

 

3.マイナスカロリー食品

マイナスカロリー食品ダイエットというをご存知でしょうか?これは食べ物そのもののカロリーよりもその食べ物を消化するためのカロリーのほうが上回る食品を用いてダイエットをするという夢の様なダイエット方法です。セロリ、キャベツ、固ゆでのゆでたまごなどがこのマイナスカロリー食品に含まれます。しかしそんな夢のようなダイエットにも注意点が有ります。

このダイエット方法の注意点は2つ。1つは栄養バランスが偏らないように気をつけることです。このマイナスカロリー食品は野菜が中心であるため栄養バランスがとれるようにも思われがちですが炭水化物やタンパク質が不足してしまいがちなため美しく痩せるにはマイナスカロリー食品だけでは難しいかも知れません。2つ目は調理の際の油分等です。マイナスカロリー食品だからいくら食べてもいいと濃い味付けや油分の多いベーコンやバター等と調理をしてしまっていては余計に太ってしまいます。あくまでダイエット中の食事に多く取り入れる程度にするようにしましょう。

4.食事の時間

食事をとる時間に気を配るだけで大きな体型の変化がでるというような場合もあります。夜18時までに食事を済ませ、その後何も食べ物を口にしないでいると痩せるというのを耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?しかしこの理由を勘違いして覚えてしまっている方が多く、ほとんどの方は「エネルギー消費量の少ない夜のカロリー摂取を控えるため」だと考え、夜型の方は気にせず食べてしまっているというのが現状です。もちろん理由として前述の理由もあげられますが、夜に食事を食べていけない理由は人間が昼行性の生き物であるからというのもあげられます。

人間の体は必要な脂肪分を蓄えるため夜遅くに食べた食事を脂肪として残しておこうとする性質が有ります。このため、どんなにその後に活動をしても人間が昼行性動物であるかぎりは夜遅くに食べてしまった食事は脂肪として蓄えられやすくなってしまうのです。

 

5.食べ過ぎを防ぐには?

食べ過ぎを防ぐにはゆっくりと咀嚼をして時間をかけて食事を摂ることが大切です。しかし分かってはいてもついつい早食いになってしまうという方も多いと思います。この早食いを防止する方法は簡単、利き手でない方の手で食べることです。お箸は無理に使わずスプーンやフォークなどを利用して食事をとれば使うのに不慣れな分食べることに時間がかかります。その結果早食い、大食いを防ぐことが出来るのです。

そんな方法は馬鹿馬鹿しいと感じる方は粉末タイプのスムージーか大さじ一杯の蜂蜜を食前に摂るようにしましょう。この2つは共に栄養価が高いため、食前に摂ることにより身体が満足してくれやすくなります。単純なことですがこの効果は絶大です。どうしても食べ過ぎてしまうというような方はぜひお試し下さい。

 

6.間食でどか食いしない方法

間食でどか食いしない方法は常に間食を撮り続ける事が重要です。毎日のお気に入りのおやつのかわりに飴玉をデスクに置いて、常に何かしらの飴を舐め続けるようにしてみてください。口寂しさが解消されるだけではなく、自然と空腹感を感じにくくなるのが分かるかと思います。

飴には多くの糖が含まれているため1つで脳が満足してくれるため、空腹感を紛らわせることが出来るのです。しかも飴のカロリーは1粒10~15kcal程のものがほとんどです。低カロリーですが十分に満足できる飴は、ダイエット中の救世主とも言えます。蜂蜜100%の飴なども売られているので添加物や飴を舐めすぎた時の口内炎が気になる方は是非お試し下さい。

 

いかがでしたか?

ダイエットをする時には、食事というものが普段よりも関係してきます。体調管理をしながら、上手にダイエットを行うためには食事に対しての見直しもっ必要なのです。

 

まとめ

ダイエットをする時に
食事について気を付ける6つのポイント

1.食べ順を意識する
2.燃焼を手助けする食べ物
3.マイナスカロリー食品
4.食事の時間
5.食べ過ぎを防ぐには?
6.間食でどか食いしない方法



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!