えんどう豆でダイエットする時の5つのポイント

えんどう豆でダイエットする時の5つのポイント100gで150kカロリーのえんどう豆…低カロリーも魅力的ですが、最近では、その栄養価が高いことからも、美容やダイエットにぴったりでは?!と注目が高まっています。えんどう豆に豊富に含まれているカロテンは、活性酵素を抑え、生活習慣病予防や、皮膚や粘膜の細胞を正常にする働きがあります。

また、美容には欠かせない、ビタミンCアミノ酸も含まれているので、ダイエットで肌がボロボロになる…ということも避けられます。食べれば食べるほど、健康で、そして綺麗に痩せることが出来る食材なのです!では、えんどう豆でダイエットする時のポイントとは…?



 

 えんどう豆でダイエットする時の5つのポイント

 

1.丸ごと食べる

えんどう豆には、豆だけ食べる“実えんどう”と、サヤごと食べることができるサヤエンドウがあります。また、えんどう豆が若いうちに収穫すると、サヤも柔らかいので、美味しく食べられます。えんどう豆のサヤには、多くの栄養素が含まれていますので、食べるならサヤごと食べましょう。

サヤエンドウは、炒め物として、他の野菜や、豚肉などと一緒に調理するとよいでしょう。この時、サヤエンドウは、炒めすぎると綺麗な色味や食感を失ってしまいますので、炒める時は、サッと炒めてください。シャキシャキした食感で、満腹感も得られます。

 

2.おつまみとして

ダイエット中、お酒を飲む機会が多いと、“おつまみ”にも気をつけなくてはいけません。また、普段の生活で、食事制限をしていると、お酒を飲んだ時に、つい甘えが生じてしまい、ドカ食いしてしまう…ということもあります。翌日になって、この“ドカ食い”を“ドカ悔い”しても後の祭りです。そこで、救世主なのが、お酒のおつまみにも最適なえんどう豆です。

おつまみとして一番簡単な調理方法は、素揚げです。油は、カロリーの少ない種類のものか、オリーブオイルを使いましょう。筋を取ってさっと揚げると、えんどう豆の素揚げの完成です。味付けは、塩のみにすると、ビールや日本酒、焼酎などにも合います。また、素揚げすることで、キレイな緑色になるので、食欲をそそられます。あまりの美味しさに、ついついお酒が進んでしまうかもしれないので、そこは注意しましょう。

 

3.お菓子として

「ダイエット中のおやつの制限が辛い…」「普段我慢している分、一度スナック菓子を食べだすと止まらない…」ダイエットでそんな悩みを抱えている人は、えんどう豆で“お菓子”を作ってしまえば問題解決です。

実際、えんどう豆のスナック菓子も市販されていますが、家でもえんどう豆のおやつは簡単にできてしまいます。

塩ゆでしたえんどう豆をホットケーキミックス、はちみつ、卵などと一緒にミキサーで混ぜ、オーブンで焼くと、えんどう豆のパウンドケーキができます。同じ要領で、普段のお菓子の具材に混ぜるだけで、ホットケーキや、ドーナツもできます。焼きあがりも、えんどう豆のいい香りがするので、いつもとは一味違った美味しいスイーツになります。

また、よく熟したえんどう豆を裏ごしし、はちみつなどを加えながら熱を加え、練ると“えんどう豆の餡”ができます。和菓子や、パンの具として使えば、栄養満点スイーツの完成です。これだと、お菓子を食べてしまった罪悪感に責められることもありません。

4.スープに入れて夜食べる

早くダイエット効果を出したい!という場合は、えんどう豆の入ったスープを夜に食べるとよいでしょう。この時、ご飯などの炭水化物は控えるか、抜くようにしてください。豆を噛むことで、満腹感を得られますし、より早く痩せることができます。

えんどう豆は、トマトスープにして食べると美味しく食べられます。豆の食感が苦手な人も、スープで煮込むと、気にならなくなり、食が進みます。

また、食物繊維が多く含まれているので、翌朝の便通が良くなり、便秘解消効果も期待できます。

 

5.豆ごはん

お米が大好き!という人にとって、ダイエットは辛いものです。特に、糖質制限ダイエットをしていると、自分の好きな量のお米を食べることができないのがストレスとなってしまうこともあります。そうなると、一度痩せても、元の食生活に戻ってしまうのでリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

白米に、えんどう豆を混ぜて炊くと、カロリーは一気に減り、同時に栄養も多く取ることができます。また、沢山炊いて、冷凍保存しておけば、すぐに食べることができます。長期的なダイエットにおいても、一日一食は“えんどう豆ご飯”に置き換えるだけでも、リバウンド防止になります。また、豆によって噛む回数も増えますので、少ない量でお腹いっぱいになります。えんどう豆ご飯は、いいこと尽くしですね。

 

いかがでしたか?

えんどう豆は、揚げ物や、炒め物のおかずだけではなく、主食にも!スイーツにも!アレンジすることができるので、飽きずに美味しく食べ続けることができます。

同じものをずっと食べている感覚は無くなりますので、ダイエットのストレスも軽減されます。えんどう豆で、美味しく、キレイに痩せましょう!

 

まとめ

えんどう豆でダイエットする時の5つのポイント

1.丸ごと食べる
2.おつまみとして
3.お菓子として
4.スープに入れて夜食べる
5.豆ごはん



あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの“運命の数字”を元に導き出される『運命数診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!