好きな人に告白する時にお勧めしたい5つの言葉

好きな人に告白する時にお勧めしたい5つの言葉好きな人に告白すること、それは人生を左右する大きな出来事です。その告白の結果であなたの運命が変わってしまうかもしれません。

告白する時の言葉は大切です。その言葉は、好きな人へのあなたの気持ちを託すものです。相手に想いがしっかりと伝わる素敵な言葉で気持ちを伝えたいですね。

でも、思っていることを丸ごと全部伝えようとすると、いくら言葉を尽くしても足りないような気はしませんか?気持ちが伝わって両想いになるときの告白の言葉は意外にもシンプルで短いものが多いそう。どんな言葉であなたの気持ちを伝えましょうか?



 

 

好きな人に告白する時にお勧めしたい5つの言葉

 

その1 「あなたといるとき、私はいつもドキドキする」

 ドキドキ…と聞いて思い浮かべるのは、恋するときめきです。「好き」という気持ちをストレートに伝えたいけど、ちょっとそれは恥ずかしい…とい人にお勧めの言葉です。「ドキドキするの」と言われて、彼の方もつられてドキドキ…

すぐに「付き合おう」というところまで進むほどインパクトのある言葉ではありませんが、「好き」という気持ちを伝えて、自分を恋愛の相手として意識してもらうきっかけづくりにはぴったりの言葉ですね。

彼との関係を少しだけ勧めたい人はぜひこの言葉で告白してください。

 

その2 「来年の今日も、あなたと一緒に過ごしたいな」

 好きな人と二人だけで過ごす機会があったとき、この言葉で告白してみましょう。「来年」は遠い未来です。その未来の時間を一緒に過ごしたい=付き合ってほしいという意思表示ですね。

誕生日やクリスマスに使うと、さらに効果的ですが、特にイベントでない日でも、あなたが気持ちを伝えたということが記念になりますね。ただ、鈍感な男性には伝わらないかもしれない…というのが難点です。

「伝わってないかな?」と思うときには言葉をつけたしてください。「来年だけじゃないよ。再来年もその次も、ずっとずっと一緒にいたいっていうことよ」すでに二人だけで楽しめる関係であれば、この言葉がきっかけで、きっとお付き合いが始まるはずです。

 

その3 「あなたと逢えないのが寂しいってわかった」

 好きな人はただの遊び仲間、グループ交際の関係から一歩踏み出したいときにお勧めの言葉です。でも、この言葉を使うには、ちょっと作戦が必要です。少しだけ好きな人に会うのを我慢してください。グループの集まりは欠席、好きな人からの遊びのお誘いも、何度か断って少し我慢…

そしてやっと会えたその時に「あなたと逢えないのがこんなに寂しいとは思わなかった」と伝えてみてください。好きな人があなたの中で大きな割合を占めているということがこの言葉一つで伝わります。

あなたの「寂しかった」という言葉を聞いて、彼も「あなたと逢えなかった時間」を意識します。あなた会わなかった時間、自分はどんな気持だったかな?と考えてくれるはずです。そこで「僕も寂しかった」と感じてくれれば、告白は成功です。

万が一、彼の方がそういう気持ちじゃなくても大丈夫。好きな人との関係は壊したくありませんよね。「だから、またいっぱい遊ぼうね!」と明るく宣言しましょう!

その4 「私のこと考える時間を作ってください」

 好きな人が自分のことをどう思っているか、全く分からないときや、彼女がいるかもしれないときにお勧めの言葉です。自分の心の中は好きな人への気持ちでいっぱいだけど、好きな人は自分のことを少しでも考えてくれているかしら?恋をしていると、そんな不安を感じますね。

その気持ちを素直に伝えるのがこの言葉です。「私のこと考える時間を作ってください」という言葉には「私はあなたのことをたくさん考えています」という意味が込められています。

この言葉を聞いて、「そういえば、こんなこと言ってたな…」と思ってもらえれば、それで成功です。言葉を思い出してもらえるということは、恋愛相手として意識するきっかけにもなるからです。

あまり積極的ではないように感じるこの言葉は、相手に自分のことを考えさせる不思議な力を持っているんですね。

 

その5 「好きです」

 「好きです」は告白の王道を行く言葉です。シンプルなだけに、相手に勘違いさせることなく、あなたの気持ちを真っ直ぐ伝えることが出来る言葉なのです。告白を聞いて好きな人がびっくりしていたら、言葉を付け足しましょう。

「ずっと前から」「いつ言おうかと迷ってた」気持ちを秘めていたことを伝えるといいですね。

彼がそれでも戸惑っていたら、「ダメ…かな?」と投げかけてみてください。「ダメかな?」と聞かれて「ダメ」と即答する人は、そうそういるものではありません。まず、お付き合いを始めて、自分の良いところをたくさん知ってもらうことを最優先にしましょう。最初は彼に恋心がなくても、あなたのことをたくさん知ってもらううちに、好きという気持ちが芽生えてくるかもしれません。

大切なのは、付き合うきっかけづくり…という人は、シンプルかつストレートに「好き」と伝えてくださいね。

 

いかがでしたか?

使ってみたい告白の言葉はありましたか。告白は、言葉だけに一生懸命になっていてもうまくいきません。告白出来るだけの関係を作り上げておくことが成功の秘訣です。

告白は、自分の気持ちを押し付けるのではなく、わかってもらうためにするものです。相手が仕事で忙しかったり、何か問題を抱えているときには、告白しても受け入れてもらえるだけの余裕がありません。相手のことも思いやって、告白のシチュエーションを選びましょう。

そして、告白は実際に会って、顔を見て伝えるのがポイントです。

表情は多くのことを物語ってくれるはずです。あなたの告白がうまくいきますように。応援しています!

 

まとめ

 好きな人に告白する時にお勧めしたい5つの言葉

その1 「あなたといるとき、私はいつもドキドキする」
その2 「来年の今日も、あなたと一緒に過ごしたいな」
その3 「あなたと逢えないのが寂しいってわかった」
その4 「私のこと考える時間を作ってください」
その5 「好きです」



2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

『星をよむ』で、2018年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!