失恋からの学び。恋愛において愛よりも必要な5つのこと

恋愛において愛よりも必要な5つのこと恋愛で一番重要なものは「愛」と言われることが多いですが、愛があったとしても、別れてしまうことがあります。今回は、アメリカの恋愛ライターの方が実際に失恋した経験を元に書いた失恋や愛の考え方から学ぶ記事になります。

失恋をしたとしても立ち直るにはどうすればいいのか?そして愛というのはなんなのか?長続きする理由は何が必要なのか?ということを紹介していきたいと思います。



 

失恋からの学び。恋愛において愛よりも必要な5つのこと

 

その1 終わることを意識しておく

愛というのは、いつまでも続いていくと信じたいものですよね。それができればすごく幸せですし、すごくいい関係のまま過ごしていけます。ですが、相手から浮気されれば、今まで愛していたのに裏切られたということになり、一瞬で愛を失ってしまいます。

「永遠」という言葉を使いたくなる人もいるかもしれませんが、全てを信じ切ることは逆に危険になってしまうことがあります。愛というものは素敵なものですし、感じたり、感じさせたりすることはとても素晴らしいものです。でも、愛という形式にこだわり過ぎれば自分も彼も苦しめてしまうことにつながってしまいます。

 

その2 嫉妬を捨てること

愛よりも大事なことで、「嫉妬を捨てる」ことが一つあります。自分の彼から裏切られたり、何かおかしな行動をしていたりするときには、大きな嫉妬心が自分の中を覆ってきます。そのうち、彼のこと、そして彼が浮気をした相手にとんでもない怒りの感情がでてくるでしょう。

ですが、すこしだけ落ち着いてみましょう。嫉妬をしていると自分自身にすごく負担になり、自分を苦しめ、そしてダメにしてしまいます。あなたを悲しませた相手に嫉妬するなんてこれほど無駄な時間はありません。簡単に割り切れることは難しいかもしれませんが、そんな相手に嫉妬をしてしまうことや怒りを向けることはとても無駄です。

 

その3 「信頼」を重みを知る

恋愛の中で、「信頼」をすることはとても重要なこと。でも、一度でもその信頼が崩れてしまうと、関係も一気に崩れてしまいます。ですが、信頼し合える仲であれば嫉妬をすることもなく、心配することもなくお互いに負担をかけることのない、理想の付き合い方をすることができます。長続きの秘訣はこの「信頼」をするということが重要になってきます。

長続きさせたかったら「信頼」できる相手を選ぶこと。成功者の話になりますが、信頼をできる人が成功するという話があります。疑ったりしているままでは、信頼することもできず、信頼を得られることもできません。お互いが疑っているような関係なら、いい関係になることはほとんどの場合ないでしょう。

その4 「努力」こそが長続きの鍵

恋愛において、大事な考え方があります。それは「愛は全てではない」ということ。恋愛を長続きさせるためには、愛以外にたくさんのものが必要になってきます。長続きさせる努力と約束、信頼もその一つです。恋愛をしていくと、途中で喧嘩もありますし、亀裂が入ってしまうこともあります。

その時に、どう対応できるか?これが長続きのコツのひとつです。恋には全力で尽くしていきたいものですが、愛だけでは持たない部分もあります。協力していくことも必要なのです。

 

その5 失恋してもその先には強い自分がいる

恋愛はいつまでも続くものではありません。円満にいく人もいれば、終わりを迎えてしまう人もいます。その中には、裏切られたりする人もいれば、自分から裏切る人もいるかもしれません。

ですが、恋愛は自分のことをつよくしてくれます。そして、先にはまた新しい人との出会いも待っています。トラウマになってしまうこともあるかもしれませんが、それを乗り越えられたら、あなたはまた一つ、自分を強く成長できていることでしょう。

いかがでしたか?
恋愛に愛は大事です。ですが、それと同じくらい大事なこともたくさんあります。長続きさせるためには、少しの心構えも覚えていきたいものですね。

 

まとめ

失恋からの学び。恋愛において愛よりも必要な5つのこと

その1 終わることを意識しておく
その2 嫉妬を捨てること
その3 「信頼」を重みを知る
その4 「努力」こそが長続きの鍵
その5 失恋してもその先には強い自分がいる

2018年のあなたの運勢をズバリお教えします!

『星をよむ』で、2018年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2018年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!