彼氏の家を訪問する時に気をつけること5選

彼氏の家に行くことになった時、おそらく相当緊張が走りわたることと思います。多くの場合、彼氏の家に行くという事は、彼氏の親に会うということにもなります。

特に彼氏の母親に会う場合は、色々と複雑な面があるという印象が否めないため、彼氏の家への訪問が決まったのなら何かと気をつけておくことは全く無駄ではありません。

そこで、今回は彼氏の家を訪問するときに気をつけることをよりすぐって紹介します。



 

彼氏の家を訪問する時に気をつけること5選

 

身だしなみに気をつけること

 まず、彼氏の家へ訪問するときは「身だしなみ」に気を付けておきましょう。初対面の相手がまず見るのは身だしなみ。身だしなみを整えるのは、最低限のマナーであると同時に、第一印象を良くするためのファーストステップとなります。

彼氏の家に行く場合には、普段の自分の服のテイストは忘れて、大人女子または母親受けのいい服装を着ておくのが無難です。母親は自分の息子が付き合っている女性がきちんとした女性なのか、まずは外見から判断します。

しかし、母親の印象ばかり気にした身だしなみをすることで、彼氏にいつもと違うと悟られたくないのなら、いつもの服のテイストに近いもので、なおかつ露出の少ない服にしておくことが大切です。ノースリーブや胸の開いたシャツ、ミニスカートなどは控えるのがいいでしょう。

頑張っている、張り切りすぎていると思われたり、また母親受けを狙っているということもなるべくなら隠しておきたいところです。

うっかり彼氏が、彼女はいつもこんな格好をしていないと母親の前で言ってしまえば、あなたが母親に気を使っているということも知られてしまうので、普通を装いながらも、いろいろ考えておくという事が大切です。

流行の最先端を追い、今どき感をアピールするよりも、彼氏の母親に会う(かもしれない)という事を考えて身だしなみを整えるという事が大切です。その場合、自分らしさよりも、彼氏が家族に自信をもって紹介できるかどうかという点で考えましょう。

 

言葉づかいに気をつける

 身だしなみや外見に気をつけても、なにげない言葉遣いで印象が大きく変わります。

彼氏と話すときの言葉というものは、ため口で気を使わず、また丁寧な言葉でない場合もあることでしょう。普段の言葉づかいというものはとっさに出てしまうもので、いきなり気をつけていても話せないことがあります。しかし、彼氏の家に訪問をする時は言葉づかいは気をつけておくことは大切です。

言葉づかいといっても、敬語や丁寧語を話すということばかりではなく、挨拶であったり、お礼であったりの部分の言葉をきちんと言えるかということも大切です。

また、いつもと違って、母親の前で敬語が使える、丁寧な話し方で母親と話せているという姿は彼氏へのアピールにもなります。彼女の意外な一面を見るということ、また自分の母親と仲良くしてくれるということは、男の人のとってみると、大切にしたい、母親に会わせても恥ずかしくない人という印象を持ってもらえるポイントでもあるのです。

言葉遣いと同時に気をつけたいのは声色と表情です。明るくハキハキ、笑顔で話すのが大切です。オーバー過ぎるとわざとらしくなってしまいますが、快活で明るい女性の方が親への印象が良くなります。無理に明るく振る舞う必要はありませんが、モゴモゴしたり、相手の視線を避けるようなことが無いよう気をつけましょう。

 

 作法に気をつけること

 彼氏の家に訪問する時に気をつけることには、作法も関わってくることがあります。

多くの場合は、一般家庭なので、格式ばった作法を要求されることはないですが、彼氏の家に訪問することが彼氏の家に遊びに行く程度の訪問なのか、それとも親に会いに行く訪問なのかでも変わってきます。そういう場合は手土産を持っていっても問題はありません。手ぶらで来たと言わないものの、家にくるなら…と思っている人もいるのも事実です。

また、家へ上がるときに靴をそろえたり、コートを着たままリビングに入らないなど、細かいところを普通に出来るとポイントは高いです。彼氏の親がフレンドリーな人であると、つい気が緩んでしまうこともありますが、目上の人に会うときの常識程度はこなせたほうがいいでしょう。

まずは玄関先できちんと挨拶をしてから上がらせてもらうこと。またお茶菓子を出されたり、なにかをごちそうになった時は感謝の気持ちを言葉で表すこと。トイレを使わせてもらう時は断ってから使用することなども忘れずに。

気をつけなくてはならないことが多いと緊張してしまうかもしれませんが、リラックスしているよりも、少し緊張している方が好感が持てますよ。

彼氏ばかりを相手にしないこと

 彼氏の家を訪問したとき、緊張してつい彼氏のことばかりをかまってしまうという態度にも注意が必要です。

男の子の親、特に母親というものはどんな人であってもやはりかわいいと思っているものであり、目の前で自分の息子と親しくしている姿に嫉妬したり、息子が離れていくということに悲しくなったりする母親もいます。

それは彼女を連れてきて始めて感じる母親もいるくらいなので、なるべくなら、彼氏ばかりではなく、彼氏の母親と話しをするようにしておく方がいいでしょう。そして話す時も、彼氏の話しばかりしない方がいいです。母親から彼氏のことを取っていないと思ってもらうことも大切かもしれません。

彼氏のことは気にしつつも、むしろ彼氏の母親や父親に意識を向けて対応するのがいいです。

もちろん彼氏を大切にしているということを相手の親に分かってもらうことも大事ですので、彼氏を全く相手にしないのはNGですが、彼氏ばかりというのは避けましょう。

 

お礼を言うこと

 最後は「お礼を言う」ことです。「ありがとうございます」「おいしかったです」「楽しかったです」とお礼をいうことを心がけましょう。彼氏の親を持ち上げるということではなく、もてなしてくれたことにお礼を言えるということは最低限のマナーであり、お礼が言えるかどうかを判断基準にしている人はたくさんいます。

お礼を求めているわけではありませんが、なければないで気になるのがお礼の言葉なのです。よく思われるためにお礼をするのではなく、普通でいるためにお礼を言えることを心がけてみましょう。

そして、万が一にでも何か粗々をしてしまった時は、きちんと謝りましょう。例えば、遅刻してしまったり、なにか汚してしまったりした時です。そういう時に「ごめんなさい」と言えれば、彼氏の親はあなたのことを素直な女性と思うでしょう。

お礼の言葉は多すぎることはありません。わざとらしくならなければ、どれだけ多く使っても構いません。コミュニケーションと人間関係の潤滑剤として普段から活用しましょう。

そしてお礼をいう時はお辞儀も忘れずに。

 

いかがでしたか?

彼氏の家に訪問するときに気をつけることがわかりましたか?彼氏の家に訪問するときは、堅苦しくならないということも大切です。彼氏の親にとってみても、あまりに出来すぎている彼女というものも認められない場合もあるので、そこは相手に合わせることも大切です。

どちらでもない、「普通」でいることが大切なのかもしれません。また先方も自分の息子の彼女に会うということで緊張している場合もあります。今回の5つのポイント、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

彼氏の家を訪問する時に気をつけること5選

その1、身だしなみに気をつけること
その2、言葉づかいに気をつける
その3、作法に気をつけること
その4、彼氏ばかりを相手にしないこと
その5、お礼を言うこと

あなたに訪れる運命を知る方法

あなたの運命や人生の転機は、あなたの生年月日や血液型からわかります。

今、当たると話題の『神言鑑定』では、どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の占い鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが
あなたの運命を劇的に変えてくれます!

今なら【初回無料鑑定中】なので是非やってみてください。