国際結婚で家族関係を良好に保つ為の5つの方法

国際結婚で家族関係を良好に保つ為の5つの方法結婚をすると、それまでは「彼・彼女」の関係がガラリと変わり「夫・妻」「嫁」などと立場によっての関係が変化します。 日本でも結婚してから家族関係で悩むという人はとても多いものです。 では、これが国際結婚だったらどうでしょう。 国際結婚だって文化の違いや国による感覚の違いによって揉め事はあるようです。
この国際結婚。 家族関係を良好に保つ方法はあるのでしょうか?



 

国際結婚で家族関係を良好に保つ為の5つの方法

 

その1 「はっきりとした線引き」をする

日本人は物事をはっきり言わずに相手の様子を伺いながら判断する部分があります。
しかし、それは外国人の家族には無い文化なのです。

ありのままに受け止め、yesかnoで単純に判断して示すことで、余計な誤解が生まれず気疲れしない関係を作ることができます。

 

その2 「違う」ことに理解をする

違いを理解することで、相手を許し理解することができます。
近年の外国の人は日本への興味意識がとても高く、日本に来る前に日本のことを勉強している人が意外にも多く、場合によっては日本人よりも日本のことを知っている外国の人も増えてきています。

しかし、作法などの日本独特のマナーに関しては細かいところまで理解している外国の人は少ないのが現実かと思います。
そういったマナーの間違いだけを指摘するより、言いたいことを我慢せずに様子を見ながら伝えていきましょう。

 

その3 程よい距離感と寛容さを持つ

言葉や文化の違いで自然と生まれてしまう距離感。その距離感を上手に利用して相手の習慣や考え方の違いに寛容になりましょう。これが、よい関係を築くために欠かせないことなのです。

他者を尊重する傾向がある日本人は「違い」に目がいってしまい疲れてしまいますので、寛容になることでお互いに楽に慣なれるかもしれません。

その4 「忍耐力」を持つ

お互いに育った環境や言葉が違うので、日本人同士の関係よりも理解しあうには時間がかかること、時間をかけることの必要性があること。全て忍耐が必要になります。

しかし、この忍耐でお互いを知るきっかけになるのです。

 

その5 相手の国を絶対にけなさないこと

これは、「人として当然のこと」です。自分の国が当たり前のことが外国では当たり前ではない。そう思って、相手の国のことも受け入れるようにしましょう。

相手の国の文化や習慣を学んでおくことで相手への理解が深まります。相手を愛することと同じように相手の国にも興味を持ってみましょう。

いかがでしたか?
国際結婚は日本人同士の結婚よりも「好き」だけでは解決できない問題があると思います。
しかし、相手を思う気持ちがあれば家族関係もきっと上手くいくと思います。

 

 

まとめ

国際結婚で家族関係を良好に保つ為の5つの方法

その1 「はっきりとした線引き」をする
その2 「違う」ことに理解をする
その3 程よい距離感と寛容さを持つ
その4 「忍耐力」を持つ
その5 相手の国を絶対にけなさないこと

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード、誕生日や血液型を元に導き出される『エレメントタロット』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる人は是非やってみてください!