恋愛で嫉妬してしまう5つの心理

誰かを好きになる気持ちは、いつでもきれいなものだけとは限りません。誰かを好きになって気づく違う自分の一面や、恋愛することで知る苦しい嫉妬心もあります。嫉妬してしまう心理には、さまざまな気持ちが影響していることがあり、それは人によってそれぞれなのです。今回は恋愛で嫉妬してしまう心理についてご紹介いたします。



 

 

恋愛で嫉妬してしまう5つの心理

 

その1 自分をかまってくれないことへの嫉妬

 恋愛中に、好きな人が他の子と仲良くしていたり、自分以外にも楽しく過ごせる何かがあることを知ると、どこか寂しくなり、相手に嫉妬してしまうことがあります。好きで一緒にいるはずなのに、どうして他のことに興味を示すのかと疑問に思ったり、自分をかまってくれる時間が少なくなると、好きな人を支配している自分以外の時間に対して嫉妬してしまう心理があります。これは自分のなかに好きな人への依存心が影響しているかもしれません。

自立している人や、自分の時間と好きな人との時間をしっかりと区別し、その都度切り替えられる人は嫉妬する機会が少ないと言われます。ですが、恋愛中か好きな人一色になってしまう、好きな人を優先する恋愛スタイルの人は、切り替えるということが難しいので、嫉妬することが多いです。それは自分に返ってくる相手からの反応がないことが不安になってしまうからなのかもしれません。

 

その2 自分を大切にされていないと感じることへの嫉妬

 恋愛は、人によって恋愛のとらえ方が違うものです。いつでも一緒にいてこそ恋人同士だと思う人もいれば、パートナーとして、お互いが自立し、けれども支えあえる存在が恋人同士だと思う人もいます。それぞれの価値観が違うことが影響し、ときにお互いの合う頻度が違っていたり、時間の過ごし方が違う人もいます。

例えば、デートが仕事でキャンセルになったときに、仕事を優先したという事実が、どこか自分を大切に思っていないのではないかという心理から、相手に嫉妬してしまうことがあります。機嫌をそこねたりし、自分をもっと大切にしてもらいたいと思うこともあるでしょう。決して、あなたのことが大切でないという気持ちは相手にとっては全くないとしても、その行動を人によっては「大切にされていない」「大事にされていない」と感じてしまう場合もあるのです。もちろん、仕事は大切なことであり、ときにはデートもキャンセルしなくてはならないこともあります。好きで仕事に時間を取られているという人もいません。けれども、恋愛をすると、そういうことでも納得できないという心理を感じてしまうこともあるのです。

 

その3 理想と違うことからの嫉妬

 恋愛のスタイルには正解がありません。しかし、誰にでも理想の恋愛スタイルというものをもっているものです。嫌なことがあったときは慰めてくれる、疲れているときには癒してくれるなどといった理想をもっていませんか?

恋愛においてこのような理想を持ちすぎている人は、理想通りにならないことがあると嫉妬心が芽生えます。「こうあるべきじゃないの?」という思いが、相手への嫉妬となって表れてしまうのです。

例えば、恋愛中なら記念日、誕生日は大切にしたいと思う人は多いのではないでしょうか。しかし、相手がその日を忘れていたとしたら、とてもショックですよね。けれども、他の友達同士の集まりや、誰かの慰労会などへは積極的であるというような場合は、自分のときは何もしないのに、他の人へは気が回るのかという矛盾に、強い嫉妬をしてしまうはずです。

自分の中での理想が、相手の中にもあるとは限らないので、価値観を擦り合わせるためにもたくさん様々なことを話し合うということは大切です。

その4 自分が一番と思われたいことからの嫉妬

 好きな人に、自分が一番だと思われているということはなによりも幸せなことです。そしていつでも感じていたい思いですよね。しかし、自分を一番に優先してくれないときは、どこかで嫉妬してしまう自分に気づくことはありませんか?

好きな人に急な用事が入った場合、自分との約束を変えてまでその用事をしなくてはならないときに、人はその優先順位というものを考えてしまう心理があります。もちろん、それを理解しなくてはならない用事もたくさんあることでしょう。しかし、その頻度が多いと、都合よく思われているのではないかという不安も生まれます。そこには、好きな人にとって、自分が一番でありたいと願う気持ちからきているところが大きいと嫉妬してしまうのです。

 

 その5 自分だけを見ていて欲しいことからの嫉妬

 最後は、束縛しがちな人がもっている心理です。好きな人が他の人を見たり、口にしたりするのが許せなかったり、自分以外の誰かを褒めたりすることに嫉妬してしまう人は、自分だけを見ていて欲しいという願望の心理が大きく影響しています。

まるで、誰かと比べて、自分にはないから他の人を見るのか、褒めているのかというような不安から、嫉妬をしてしまうことがあります。こういった場合、自分に自信が持てていない場合があります。なので、好きな人の恋人であるという自覚をもち、もっと自分に自信をもてるようになると、気にならなくなります。

 

 いかがでしたか?

恋愛中、嫉妬せずにいられるという人は少ないくらい、嫉妬は当たり前のように起きてしまう感情です。ですが、嫉妬心に支配されてしまうと、恋愛は壊れてしまうものです。

嫉妬心を上手にコントロールして、恋愛のスパイスとして扱えるようになりたいですね。

 

 まとめ

恋愛で嫉妬してしまう5つの心理

その1 自分をかまってくれないことへの嫉妬
その2 自分を大切にされていないと感じることへの嫉妬
その3 理想と違うことからの嫉妬
その4 自分が一番と思われたいことからの嫉妬
その5 自分だけを見ていて欲しいことからの嫉妬

あなたに訪れる運命を知る方法

あなたの運命や人生の転機はあなたのオーラ、生年月日と血液型から分かります。

当たると評判の占い『スピリチュアルオーラ診断』では、どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、アナタの運命を劇的に変えてくれます。

今すぐ運命を知りたい方は、是非お試しください!